[スポンサーリンク]

化学者

R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者

リチャード・スモーリー

米ライス大によると、同国のノーベル賞受賞化学者、リチャード・スモーリー氏が28日、がんのためテキサス州ヒューストンの病院で死去した。62歳。1943年米オハイオ州生まれ。ミシガン大卒業後、プリンストン大などを経て、ライス大教授。炭素原子60個からなるサッカーボール型の分子、カーボン60を初めて合成し、超電導、材料科学に関連する新分野を開拓したとして、96年にノーベル化学賞を英国のハロルド・クロート氏らと共同で受賞。その後もナノテクノロジー分野の発展に尽力した。(引用:産経新聞)

 

フラーレン(Fullerene)はグラファイト(黒鉛)・ダイヤモンドに次ぐ第三の炭素の総称です。フラーレンを構成する原子は黒鉛中の炭素と同じ種類ですが、60個以上の炭素原子が強く結合して球状あるいは、チューブ状に閉じたネットワーク構造を形成しています。

リチャード・スモーリ(Richard Smalley)は1985年にフラーレンを発見し、ノーベル化学賞を受賞しています。ご冥福をお祈りいたします。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  2. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  3. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  4. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  5. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  6. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  7. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  8. 2007年文化勲章・文化功労者決定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  2. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  3. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  4. 2013年就活体験記(1)
  5. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  6. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  7. 複雑なアルカロイド合成
  8. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  9. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  10. 房総半島沖350キロに希少金属 広範囲に

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP