ケムステニュース

  1. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

    日本初の新元素「ニホニウム」(原子番号113番)を発見した理化学研究所のチームが、次の新元素に挑む実験を近く開始する。狙うのは未知の119番と120番。ロシア側との国際競争に再び勝利できるか注目されそうだ。(産経新聞:1月29日)昨年は…

  2. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待

    千葉大学は24日、インフルエンザの予防効果があるとされるシナモンを使ったマスクの実用化に乗り出すと発…

  3. H-1B ビザの取得が難しくなる!?

    先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

  4. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

    A transformation is happening in global energy mar…

  5. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理

    去年11月、千葉県印西市の日本医科大学千葉北総病院で、薬事法で毒薬に指定されている筋弛緩(しかん)剤…

  6. 2016年化学10大ニュース

  7. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める

  8. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?

  9. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

  10. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  11. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

  12. 光触媒による水素生成効率が3%に

  13. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ

  14. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?

  15. 「化学の日」はイベント盛り沢山

  16. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物

スポンサー

ピックアップ記事

  1. γ-チューブリン特異的阻害剤の創製
  2. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  3. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  4. 資金洗浄のススメ~化学的な意味で~
  5. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigenation
  6. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)
  7. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis

注目情報

最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

PAGE TOP