ケムステニュース

  1. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚

    大阪大は25日、大学院情報科学研究科の教授(52)ら3人が、少なくとも約2億2000万円の研究費を不正に経理処理していたと発表した。公的な研究費を出入り業者に「預け金」としてプールさせるなどし、定められた目的以外の実験や研究に使っていた…

  2. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

     2015年11月18日、米ビジネスインサイダーによると、フランス・パリで連続テロ事件が起きたことを…

  3. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止

     米イーライリリーは、脂質異常症治療薬として開発してきたCETP(コレステロールエステル転送たん白)…

  4. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」のジャケットになった

     ゴールドウインが、11年にわたってクモの糸の人工生成に取り組んでいるバイオ分野のベンチャー企業スパ…

  5. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

    A geneticist and a chemist will co-lead the Scripp…

  6. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ

  7. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい

  8. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞

  9. CAS番号の登録が1億個突破!

  10. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録

  11. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック

  12. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国

  13. 170年前のワインの味を化学する

  14. 化学は切手と縁が深い

  15. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得

  16. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  2. 「コミュニケーションスキル推し」のパラドックス?
  3. 印象に残った天然物合成1
  4. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  5. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  6. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxidation with Peroxide
  7. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama

注目情報

最新記事

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

PAGE TOP