ケムステニュース研究

  1. 光触媒による水素生成効率が3%に

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1…

  2. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?

    英文校正・論文投稿サポートを提供するエディテージ(株式会社カクタス・コミュニケーションズ 本社:東京…

  3. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果

    人の鼻の中にいる細菌が作り出す化合物に既存の抗生物質が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA…

  4. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

    かねてより全世界が待ち望んでいた新元素の命名。特に今回は日本発・113番元素が檜舞台に上がるというこ…

  5. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌

    ほとんどの抗菌薬が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺菌する効果のある新しい抗生物質…

  6. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始

  7. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

  8. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く

  9. 大分の高校生が特許を取得!

  10. 製薬業界の研究開発費、増加へ

  11. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待

  12. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?

  13. シロアリの女王フェロモンの特定に成功

  14. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る

  15. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず

  16. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製薬業界の現状
  2. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation
  3. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling
  4. 孫悟飯のお仕事は?
  5. Ns基とNos基とDNs基
  6. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  7. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP