ケムステニュース研究

  1. 光触媒による水素生成効率が3%に

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1…

  2. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?

    英文校正・論文投稿サポートを提供するエディテージ(株式会社カクタス・コミュニケーションズ 本社:東京…

  3. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果

    人の鼻の中にいる細菌が作り出す化合物に既存の抗生物質が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA…

  4. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!

    かねてより全世界が待ち望んでいた新元素の命名。特に今回は日本発・113番元素が檜舞台に上がるというこ…

  5. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌

    ほとんどの抗菌薬が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を殺菌する効果のある新しい抗生物質…

  6. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始

  7. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

  8. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く

  9. 大分の高校生が特許を取得!

  10. 製薬業界の研究開発費、増加へ

  11. JAMSTEC、深度1万900mに棲むエビから新酵素を発見 – バイオ燃料応用に期待

  12. 世界初!うつ病が客観的に診断可能に!?

  13. シロアリの女王フェロモンの特定に成功

  14. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る

  15. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず

  16. メタボ薬開発に道、脂肪合成妨げる化合物発見 京大など

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  2. π-アリルパラジウム錯体
  3. 「重曹でお掃除」の化学(その2)
  4. マーティン・バーク Martin D. Burke
  5. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  6. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  7. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP