元素の基本と仕組み

  1. 元素占いはいかが?

    最近ではケータイなどでも見られる軽めのコンテンツが沢山でき、一昔前と違ってネットはずいぶんと楽しい世界になってきました。顔ちぇき!や脳内メーカーがちまたで大ブームなのもご存じの通り。筆者などは顔ちぇき!診断で「木村拓…

  2. 希少金属

    「携帯電話を使えば使うほどゴリラの絶滅が加速する」。とんでもない話に聞こえるかもしれない…

  3. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用

     米IBMは,高誘電率(high-k)絶縁膜と金属ゲート電極によるトランジスタを開発する過程で,スー…

  4. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について

     文部科学省と経済産業省は、平成19年度よりそれぞれ「元素戦略プロジェクト」及び「希少金属代替材料開…

  5. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎

    ??英国に亡命中のロシア連邦保安局(FSB)の元中佐リトビネンコ氏の「毒殺」疑惑に世界の…

  6. 周期表を超えて~超原子の合成~

  7. 元素周期表:文科省の無料配布用、思わぬ人気 10万枚増刷、100円で販売

  8. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得

  9. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省

  10. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 個性あるジャーナル表紙
  2. 製薬業界の研究開発費、増加へ
  3. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  4. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  5. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  6. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)

注目情報

最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

PAGE TOP