[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler

概要

フリードリヒ・ヴェーラー (Friedrich Wohler: 1800年7 月31日 – 1882年9 月23日)は、ドイツの化学者である(画像:www.lib.utexas.edu)。

経歴

 

受賞歴

 

研究概要

尿素の合成

urea.gif1828年、ヴェーラーは無機物から有機物である尿素(urea)を人工的に作り出すことに成功。有機合成化学の黎明として位置づけられるこの開拓的業績は、あまりにも有名である。この業績によって彼は「有機化学の父」と呼ばれている。

ケイ素とベリリウムの発見・アルミニウムの単離

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  2. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  3. ポール・アリヴィサトス A. Paul Alivisatos
  4. もし新元素に命名することになったら
  5. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  6. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  7. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  8. イー・タン Yi Tang

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジン=クアン・ユー Jin-Quan Yu
  2. Org. Proc. Res. Devのススメ
  3. 「野依フォーラム若手育成塾」とは!?
  4. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  5. イリジウム錯体:Iridium-complex
  6. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  7. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction
  8. 今冬注目の有機化学書籍3本!
  9. 個性あふれるTOC大集合!
  10. ブラッテラキノン /blattellaquinone

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP