[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで ̵…
  2. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – P…
  3. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  4. 第二回 水中で超分子化学を探る-Bruce Gibb教授-
  5. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  6. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉…
  7. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  8. 【第二回】シード/リード化合物の合成

注目情報

ピックアップ記事

  1. 4-tert-ブチル-2,6-ジメチルフェニルサルファートリフルオリド:4-tert-Butyl-2,6-dimethylphenylsulfur Trifluoride
  2. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  3. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  4. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  6. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  7. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  8. 青いセレンディピティー
  9. ここまで来たか、科学技術
  10. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP