[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zha…
  2. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  3. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – …
  4. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教…
  5. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  6. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  7. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  8. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルツハイマー病・ワクチン開発相次ぐ、副作用回避へ知恵絞る
  2. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  3. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  4. ステファン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  5. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  6. ジョージ・フェール George Feher
  7. 最長のヘリセンをつくった
  8. 日本薬学会第125年会
  9. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis
  10. 高知和夫 J. K. Kochi

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成

有機化学合成協会が発行する、有機合成化学協会誌。今月、7月号が7月25日にオンライン公開になりました…

ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai

ジャンフェン・カイ(Jianfeng Cai、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ在住の有機化学者…

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP