研究者へのインタビュー日本人化学者インタビュー

  1. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

    第二回目は第一線で活躍している若手研究者として、筆者のボスである名古屋大学伊丹健一郎教授のインタビューをご紹介します。伊丹教授は「合成化学はひとつ」を合言葉に幅広い分子レベルのものつくりを展開されています。 (さらに…)…

  2. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる

    今回からこの日本人化学者のインタビューが始まりました。このコーナーでは第一線で活躍している主に日…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  2. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  3. ターボグリニャール試薬
  4. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  5. スルホン系保護基 Sulfonyl Protective Group
  6. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  7. Horner-Emmons 試薬

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP