研究者へのインタビュー

  1. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授

    25回目のインタビュー。今回は第7回の杉本先生、第21回の深瀬先生からの紹介で、京都大学化学研究所の二木史朗教授にお話いただきました。ペプチド設計・合成という化学のものづくりから、分子生物学、細胞生物学、あるいは構造生物…

  2. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士

    このインタビューも24回目になりました。今回は第9回の山下先生(現在中央大学准教…

  3. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授

    前回から1年半ぶりの研究者へのインタビュー。ウェブサイトをリニューアルしたので今後は積極的に行ってい…

  4. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授

    さて第22回を迎えた研究者のインタビュー。今回は第8回の林民生先生のご紹介で大阪府立大学名誉教授であ…

  5. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授

    第27回目はマリー・クロニンガー教授です。クロニンガー教授はモンタナ州立大学の化学−生化学科に在籍さ…

  6. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

  7. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授

  8. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授

  9. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授

  10. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授

  11. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

  12. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len MacGillivray教授

  13. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授

  14. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

  15. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

  16. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis
  2. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  3. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium
  4. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant
  5. オープンアクセス論文が半数突破か
  6. 構造生物学
  7. 日本酸素記念館

注目情報

最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

PAGE TOP