研究者へのインタビュー

  1. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授

    さて、第14回目は現在最も推薦者の多く(第2回伊丹健一郎教授、第5回浜地格教授、そして前回の第13回相田卓三教授)大人気の八島栄次先生(名古屋大学)です。実は1年ほど前にオファーさせていただき、ご快諾を得ましたがご多忙でなかなか実現しません…

  2. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授

    代表のサボりで前回から長らく時間が空いてしまいました。この度、再び何人かの著名な化学者にインタビュー…

  3. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

    第22回はグラスゴー大学化学科のリー・クロニン教授です。クロニン教授は機能性分子および材料の設計とそ…

  4. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

    久々の更新。間があいてしまって申し訳ござません。第21回目はミシガン大学アナーバー校、カレッジオブフ…

  5. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授

    第20回目は、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のスチュアート・ローワン教授です。超分子ポリマー・自己…

  6. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller

  7. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman

  8. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏

  9. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay

  10. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士

  11. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授

  12. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授

  13. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士

  14. 第11回 触媒から生命へー金井求教授

  15. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授

  16. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー前編
  2. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  3. 企業の研究開発のつらさ
  4. マット・シェア Matthew D. Shair
  5. 小林 修 Shu Kobayashi
  6. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian
  7. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide

注目情報

最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

PAGE TOP