研究者へのインタビュー

  1. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

    第22回はグラスゴー大学化学科のリー・クロニン教授です。クロニン教授は機能性分子および材料の設計とその合成を研究されており、特に無機クラスター、配位子設計、そして化学(によって観察できる現象)の複雑性とその起源に関心があるそうです。それでは…

  2. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – Heather Carlson

    久々の更新。間があいてしまって申し訳ござません。第21回目はミシガン大学アナーバー校、カレッジオブフ…

  3. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授

    第20回目は、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のスチュアート・ローワン教授です。超分子ポリマー・自己…

  4. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller

    第19回はニューハンプシャー大学化学科、マテリアルサイエンスプログラムのGlen Miller教授で…

  5. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman

     第18回もNature Chemistry Blog執筆陣からの登場、Catherine Good…

  6. 第17回 音楽好き化学学生が選んだ道… Joshua Finkelstein氏

  7. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel Garcia-Garibay

  8. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士

  9. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授

  10. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授

  11. 第13回 化学を楽しみ、創薬に挑み続ける ―Derek Lowe博士

  12. 第11回 触媒から生命へー金井求教授

  13. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授

  14. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

  15. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

  16. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  2. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  3. 還元された酸化グラフェン(その1)
  4. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  5. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!
  6. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  7. 第35回構造有機化学討論会

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP