研究者へのインタビュー

  1. 第11回 触媒から生命へー金井求教授

    新年第二回目は第二回目の伊丹健一郎教授からの紹介で東京大学大学院薬学研究科教授の金井求先生にインタビューいただきました。先生は昨年から独立されて研究室を主宰されています。これまでも数多くの有用な不斉触媒反応を開発し、生物活性物質などに応用し…

  2. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授

    皆様明けましておめでとうございます。本年もどうぞこの化学者のインタビューをはじめケムステをよろし…

  3. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

     ショートインタビュー第12回目は私立ニューヨーク大学化学科・Ned Seeman教授です。Seem…

  4. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

    第11回目はケンタッキー大学化学科のJohn Anthony教授です。Anthony教授はデ ィスプレイや太陽電池への応用を目指した高機能有機半導体のデザインから合成、 そして実際の応用研究にまで取り組んでいます。

  5. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授

     ショートインタビュー第10回目はDurham大学化学科・Jonathan Steed教授です。…

  6. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

  7. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

  8. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授

  9. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授

  10. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授

  11. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授

  12. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授

  13. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

  14. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

  15. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

  16. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  3. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授
  4. 相次ぐ海外化学企業の合併
  5. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  6. エコエネルギー 家庭で競争
  7. 恋する創薬研究室

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

PAGE TOP