研究者へのインタビュー

  1. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

    第11回目はケンタッキー大学化学科のJohn Anthony教授です。Anthony教授はデ ィスプレイや太陽電池への応用を目指した高機能有機半導体のデザインから合成、 そして実際の応用研究にまで取り組んでいます。

  2. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授

     ショートインタビュー第10回目はDurham大学化学科・Jonathan Steed教授です。…

  3. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

    第九回目は若手化学者の登場。これまでのインタビューで最年少者となります。第二回目の伊丹健一郎先生…

  4. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

    ショートインタビュー第9回目はニューヨークにあるロックフェラー大学・合成タンパク化学研究室のTo…

  5. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授

    このインタビューも始まって3ヶ月を過ぎました。各所で非常に良い評価を受けています。今後も続けてい…

  6. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授

  7. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授

  8. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授

  9. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授

  10. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

  11. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

  12. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

  13. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

  14. 【第二回】シード/リード化合物の合成

  15. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり

  16. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  2. シクロクラビン cycloclavine
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. その電子、私が引き受けよう
  5. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  6. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rule
  7. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2017ー報告

先週の日本化学会年会に参加の方々お疲れ様でした。ケムステでは、例年通り「付設展示会ケムステキ…

芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する

ミュンスター大・Gloriusらは、可視光レドックス触媒を用いる位置選択的なC(sp3)-Hチオトリ…

日本薬学会第137年会  付設展示会ケムステキャンペーン

先日閉会した日本化学会年会。付設展示会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました(Pa…

元素名と中国語

Eineです。化学を学ぶ人間が最初に直面する課題、それは元素周期表の暗記です。高校化学過程では第1元…

「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthner研より

「ケムステ海外研究記」の第11回目は、第10回目の赤松さんのご紹介で、名古屋大学大学院理学系研究科(…

PAGE TOP