研究者へのインタビュー

  1. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

    第九回目は若手化学者の登場。これまでのインタビューで最年少者となります。第二回目の伊丹健一郎先生からのご紹介で、東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻野崎研究室講師の山下誠先生です。山下先生とは私的にもお世話になっており非常にアクテ…

  2. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

    ショートインタビュー第9回目はニューヨークにあるロックフェラー大学・合成タンパク化学研究室のTo…

  3. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授

    このインタビューも始まって3ヶ月を過ぎました。各所で非常に良い評価を受けています。今後も続けてい…

  4. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授

    さて、前回から1ヶ月ほどあきましたが、今回は第5回目の浜地格先生のご紹介で、甲南大学先端生命工学…

  5. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授

    ショートインタビュー第8回目はマサチューセッツ工科大学 生命医療工学センター・Shuguang …

  6. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授

  7. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授

  8. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

  9. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

  10. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

  11. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

  12. 【第二回】シード/リード化合物の合成

  13. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり

  14. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

  15. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de Silva教授

  16. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  2. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  3. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  4. ジェームス・ツアー James M. Tour
  5. 金属を使わない触媒的水素化
  6. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis
  7. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授

注目情報

最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

PAGE TOP