研究者へのインタビュー

  1. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授

    皆様明けましておめでとうございます。本年もどうぞこの化学者のインタビューをはじめケムステをよろしくお願い致します。さて、2011年仕事始め、最初のインタビューは京都大学化学研究所構造化学領域准教授の若宮淳志先生です。若宮先生とは私(代表…

  2. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

     ショートインタビュー第12回目は私立ニューヨーク大学化学科・Ned Seeman教授です。Seem…

  3. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

    第11回目はケンタッキー大学化学科のJohn Anthony教授です。Anthony教授はデ ィスプレイや太陽電池への応用を目指した高機能有機半導体のデザインから合成、 そして実際の応用研究にまで取り組んでいます。

  4. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授

     ショートインタビュー第10回目はDurham大学化学科・Jonathan Steed教授です。…

  5. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

    第九回目は若手化学者の登場。これまでのインタビューで最年少者となります。第二回目の伊丹健一郎先生…

  6. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

  7. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授

  8. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授

  9. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授

  10. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授

  11. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授

  12. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

  13. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

  14. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

  15. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

  16. 【第二回】シード/リード化合物の合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  2. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  3. 巨大ポリエーテル天然物「ギムノシン-A」の全合成
  4. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  5. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  6. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成
  7. バートン トリフルオロメチル化 Burton Trifluoromethylation

注目情報

最新記事

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

PAGE TOP