研究者へのインタビュー

  1. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授

     ショートインタビュー第12回目は私立ニューヨーク大学化学科・Ned Seeman教授です。Seeman教授は構造DNAナノテクノロジー(Structural DNA nanotechnology)と呼ばれる分野を開拓し、DNAの性質を利用…

  2. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで – John Anthony教授

    第11回目はケンタッキー大学化学科のJohn Anthony教授です。Anthony教授はデ ィスプレイや太陽電池への応用を目指した高機能有機半導体のデザインから合成、 そして実際の応用研究にまで取り組んでいます。

  3. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授

     ショートインタビュー第10回目はDurham大学化学科・Jonathan Steed教授です。…

  4. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

    第九回目は若手化学者の登場。これまでのインタビューで最年少者となります。第二回目の伊丹健一郎先生…

  5. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授

    ショートインタビュー第9回目はニューヨークにあるロックフェラー大学・合成タンパク化学研究室のTo…

  6. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授

  7. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授

  8. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授

  9. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rotello教授

  10. 第六回 電子回路を合成するー寺尾潤准教授

  11. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

  12. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

  13. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

  14. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授

  15. 【第二回】シード/リード化合物の合成

  16. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アピオース apiose
  2. 第47回天然有機化合物討論会
  3. 日本化学会と対談してきました
  4. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  5. 第31回 ナノ材料の階層的組織化で新材料をつくる―Milo Shaffer教授
  6. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応
  7. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」

注目情報

最新記事

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Lithium Compounds in Organic Synthesis: From Fundamentals to Applications

(さらに…)…

PAGE TOP