Chem-Station- WhatsNew!-ChemBBS-GuestBook-ChemChat-サイトマップ


みんなの危険物取扱者試験体験記

 

資格の体験記に投稿していただいた方の体験記です。勉強方法の参考に、また自分の気持ちを高めるために読んでいただきたいです。

 


乙種危険物取扱者合格体験記 

オヤジさん

中学3年の高校に合格が決まってから勉強を始めました。参考書よりも問題集を買って問題から自分のわかりやすい参考書をパソコンで作りました。父が甲種を持っているためわからないことは父に聞きました。科学などはまったくわからなかったので高校に入って先生に何度も聞きにいきました。資格を取るためには有資格者や専門の人に聞くのが一番だと思います。

ラブさん

自動車整備会社を経営している私には、あまり必要な資格ではなかったのですが、ガソリンスタンドの従業員の友人が「何回受験しても合格しない」とぼやいていたので、私も受験するから申請を友人に頼み、本を買って受験勉強を始めたが、なんと範囲の広いこと、聞いた名前が少ないので驚きました、シンナーとかガソリンなど、なじみの名前が出てこないのにはビックリしました。

きいち99さん

5年前に参考書と過去問を1冊ずつ買って、1週間集中して勉強した。

阿部雅樹さん

まずは問題を解く。わからないところがどこか纏める。私の場合は数値を含む条例関係だったので、表にしてまとめ、暗記した。また問題を解く。・・の繰り返し。

問題集と参考書は別々の出版社のものを使用。同一出版社だと問題の傾向が偏るためである。勉強期間は1ヶ月。長いとだれるし、短いとあきらめてしまう。

specさん

これは化学の知識が多少ないと難しいです。私はバリバリの文系で、会社の指示で受けましたが、勉強方法は参考書の丸暗記。試験直後は絶対に落ちたと思いました。結果は掲示板の自分の受験番号のランプが光るのですが、光ったときは嬉しかった〜。もう一度受けたら落ちるでしょう・・・。会社の指示で受けさせられる人が多いのか、周りはやる気のなさそうな人ばかりでした。

てんさん

会社が航空燃料を取扱っているので必要に迫れて取得しました。先ず、受験地の事ですが東京はほぼ?毎月実施しているのでおすすめです。又、東京をお勧めするもうひとつのポイントは繰り返しの出題が非常に多いこと。何度も通っている方は見たことの有る問題に多々遭遇しているはずです。

勉強方法ですが、いわゆるテキスト丸暗記よりも練習問題を繰り返す方がお勧めです。先に書きました通り東京では繰り返し出題の傾向もあるので過去出題問題もこなして行った方が良いと思います。私が受験した時は、会社の免許所持者の先輩に「指定数量は絶対に覚えて行くこと」と念をおされました(その通り出題されました)。

らぐびーモーモーさん

2年前に父と一緒に乙種危険物取扱者(1〜6類)を受験しました。それも親子で全部受かってしまい、地元の新聞にも出たりしちゃいました。実は5類は難しくて父と答えあわせをしてもバラバラだったのでどちらかは落ちると思っていました。なのに全部受かるとはな〜。来年あたり宅建をとろうと思っています。(実は父は宅建を持っている!)

Cherrismさん

私は某大学の化学科に所属しているので、せめて化学系の資格が欲しいなと思い乙種4類危険物取扱者を申し込みました。試験2ヶ月前のことです。

まず最初に参考書を選びました。問題集からだと内容があまり理解できないと思ったので、要点をよく書いてある参考書を選びました。このとき選んだのが新星出版社の「この一冊で決める!! 乙種第四類危険物取扱者 合格教本」です。絵や表がありまたセクション毎に要点整理があり分かりやすかったです。覚えるときは文字や数字だけを覚えるのではなくページのここにはこんなことがかいてあるなぁ、と言う感じで覚えました。科目が3つありますが物理学及び化学は高校で化学を一通りやっていたのでたいして勉強せず、法令を中心に覚えました。試験日は6月18日だったんですが、二週間前ぐらいに問題集を購入しました。弘文社の「試験に出る超特急マスター 乙種4類危険物試験問題集」です。間違ったらその部分を参考書で何度も読み返しました。また本屋で他の問題集を立ち読みしていたりしました。試験日の2,3日前になり、やっともう一つの科目「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」を勉強しました。性質(色、におい)引火点、発火点は特殊、第一石油、アルコール、第二石油、第三石油でそれぞれ代表的なものをすべて覚えました。特に、引火点、発火点が最も小さいものを注意して覚えました。燃焼範囲は特殊のジエチルエーテル、アセトアルデヒド、酸化プロピレン、二硫化炭素とアルコールのメチルアルコール、エチルアルコールを注意して覚えました。

テスト前日は特に数字がつくものを重点に何度も復習しました。

テスト当日、午前中に試験があるため試験3時間前には起床しました。試験地が山口というど田舎のため人はほとんどいませんでした。試験は思ったより簡単で30分くらいで終わってしまいました。

合格発表当日、自信がありながらも恐る恐るハガキを見てみると見事合格でした。甲種はどうやら大学で化学の単位を15単位以上とっていたら受験資格があるそうなので次回の試験には甲種を受けようと思います。

deerさん

危険物取扱者免許乙種4類をとりました。

・動機-私が薬系の大学に通っていたときに何故か生薬学の先生に勧められ、クラスの多くの人間が受けました。

・勉強-適当に参考書を買い、一読だけでテストに望むという無謀極まりない事をしていました。基本的に理科系はかなり自信あったのですが、法規や細かい各論はとっつきにくく自信はありませんでした。

・試験-同大学の別学科の校舎(となり)が試験会場だったので、緊張などはしなかったんですが、参加者の面子がちょっと怖かったです。髭はやしたトラックのおじちゃんとか、普段合わないような方が多くて。

・結果-結局はうかりました。多分ギリギリでしょう。

柴谷 仁さん

私が乙四受験したのは一昨年の9月、東京でした。東京は試験発表が当日で、もし不合格でも月に3〜4回試験をやっていてすぐ再試験できるので東京にしました。受験勉強は、参考書(ナツメ社)を読んでから、知り合いから借りた問題集(東京防災指導協会)を解く、解らない問題があれば参考書を見る。また問題を解く、この繰り返しでした。勉強はやはりひたすら問題を解くのがいいと思います。試験問題は、問題集と同じような問題が出ますので。私は文系出身ですので化学は苦手でしたが、このような勉強方法で合格できました。

ろっかさん

私は危険物取扱者乙種第4類に3度目の正直で合格しました。2回不合格の思い出があるともうあきらめがちになりますが、そこを我慢して努力したことが合格につながったんだと思います。しかし私が受験した平成13年2月11日の乙4の試験の第一問目で、危険物と定められるアルコール類のアルコール濃度というのは何%以上か。という問題は未だによく分かりません。試験終了後、様々な本を見て調べましたがそれらしき答えは見つけることが出来ませんでした。自分でも合格したのが信じられないぐらいですけど、乙種のどれか一つ合格すれば免状が交付され次に受けるときは法令と基礎化学・物理が免除されるので、これから全ての類を取得に向けて頑張りたいと思っています。専門学校生なので、理系技術職の就職が大学生達と比べ、不利な点が多いのですが、資格を持っていればそれなりの評価はしてくれるので、その点では資格は出来るだけ沢山持っていた方がいいと私は思いました。まぁ、単に持っているだけでは意味がないのでその知識と技術は常に生かしていかなくてはいけませんけどね。

sayakoさん

私は工業高校に通う女子高生です。受験したのは去年の六月でした。学校で学習会があったのですが進度もいまいち合わず、結局個人学習でした。教材は先生がまとめた過去問集と「国家・資格試験一発合格シリーズ 乙種危険物取扱者」編者:国家・資格試験対策研究会、発行:有紀書房、\600 を使いました。いきなり過去問に手をつけるのは無謀かと思ったので、まず石油類やアルコール類などにわけて融点や沸点、その特徴などを自分なりに分かりやすく、できるだけ短く(そのほうが端的で覚えやすい)単語カードに書いて暗記しました。一通り作って暗記していくわけですが、やっぱりスランプというのはつきものです。そういうときは焦るとどんどん深みにはまっていくので「今日は5個暗記したら寝よう!」とか決めてするのも手です。人にもよりますが、私はいらない紙に同じ事を繰り返し書いていく方法が効果的でした。ぶつぶつ小声で口に出してみたりも。というわけで、最初に語句というか分類をマスター。次に問題集にとりかかります。直接書き込まず、まずはノートに。2,3回まちがいながらでも繰り返す。間違えたところは次ミスらないためにも別の単語カードを作る。だいたいこの問題集を繰り返すだけでかなり効果がありましたよ。傾向をつかむと勝ちですね!そして、前日に何も見ずに問題集を解く。ひたすら解くべし。マークシートがついていたので便利でした。試験会場では30分したら終わり次第退室可。途中で抜ける人に動揺したらダメです。焦ってしまい結局最後まで教室に残っていました。まあ、最終的には繰り返して傾向をつかむということが大事です。こんな私でも何故かうかったし。という感じです。何の足しにもなりませんがお役に立てれば光栄です。ルーズソックスの女子高生より☆

U1さん

運転免許と同じように出る問題が大体決まっているようなので、何か問題集をやって全問理解し回答できるようにすると良いと思います。

たなさん

会社の指示で乙四類を受験 合格したものの 大変だつた 我が職場 電子関係であり 馴染みのない 化学の分野にわ子供の教科書をかりて 初歩から勉強した定年後GS勤務もあるかなとわ思いながら 挑戦であつた。

おやじさん

中学3年の高校に合格が決まってから勉強を始めました。参考書よりも問題集を買って問題から自分のわかりやすい参考書をパソコンで作りました。父が甲種を持っているためわからないことは父に聞きました。科学などはまったくわからなかったので高校に入って先生に何度も聞きにいきました。資格を取るためには有資格者や専門の人に聞くのが一番だと思います。

 

甲種危険物取扱者合格体験記 

エボ吉さん

資格試験は初めてでしたが、専門知識があるほうなので、会社から危険物甲種を受けろといわれ、昨年の11月に受験しました。

応募は確か三ヶ月ほど前(あまり記憶にない)なので、ちんたら勉強しても余裕だろうと高をくくっていたらあっという間に受験2週間前。慌てて勉強しようと試みましたが、仕事が忙しく、なかなか手がつけられない。さらには連休の甘い誘惑に負けて遊びに行ってしまう始末。これでは、上司に頭が上がらないと血の気がひき始めたのが受験四日前。幸いにも連休中だったので、勉強時間はあり放題。とりあえずファミレスに入り浸り、コーヒー片手に協会発行の参考書(法令、実務、問題集)を時間・体力・やる気の続く限り必死に勉強をしました。

勉強法は参考書を各項ずつ読んで意味を理解し、その項に対応した問題を問題集の中から解いていきました。このとき、問題の解答がわからない及び回答が間違いの時は再度、参考書を自分がなぜわからなかったのかを分析しながら読み返し、次項へと進むという方法をとりました。専門知識があれば実務の性質や消火法などは理解が容易なので後回しにし、法令を重点的に勉強しました。専門知識のない方は、身近な現象(氷が溶けるとか、加熱されたジュースの缶が破裂するとか)を化学に結びつけながら勉強すれば、比較的簡単に専門分野の理解ができると思います。法令は「暗記もの」と考える人が殆どのように思いますが(あくまで自分の周りの方々の意見を聞いた印象)、なぜそのような規則ができたのか管理する側の立場に立って考え、理解すれば自ずと知識として身につきました。これが勉強する時の一番のコツだと思います。もう一つの勉強のコツは、友人が同様の資格試験を受けるのであれば、勉強した内容を簡単にわかり易く参考書に沿って教授すれば、頭の中の整理がつきます。もしかしたら、友人にも感謝され、軽食ぐらいはおごってもらえるかもしれません。

試験は某高校で行われました。公立高校なので空調なぞまったくなく、昨年は暖かかったとはいえ、寒さを感じる時期なので身体が冷えないよう服装に気遣いました。試験は余裕をもって一時間前に会場に入り、試験前に参考書の自身のない項を読み返しました。友人がいるのであれば、無理やりでも出そうな問題を出題し、答えてもらうと案外記憶に鮮明に残って、自分も友人もハッピーになれます(試験にその問題がヒットすればですが…)。試験中、特に気をつけたいのは、マイペースを保つこと、生理現象や周囲の雰囲気には一切気に掛けないよう集中力を日々養いましょう。もう一つ重要なのが、問題をよく読むこと。問題の意味を取り間違えたら何にもなりません。問題を読むときのポイントはなぜこの問題が出たのか、どんなことが聞きたくてこのような問題を出題したのか、問題の日本語はどのように成り立って完成されており、さらにはどう解釈するのが妥当なのかをよく考えることだと(私は)心がけています。また、試験には制限時間がありますから、消去法を活用することをお勧めします。余った試験時間はどんなに自信があっても、再度答案用紙を真剣に読み返したほうがいいです(あたりまえかもしれませんが、試験が開始して直ぐ退室する方もいるので)。あとは、自分の知識をフル回転させれば、この資格試験は合格です。最後に、あまり意識する方はいませんが、試験後友人・知人に試験の内容は会話にあまり用いないほうがいいと思います。「やっと試験が終わったのに鬱陶しい奴」と感じる方もおられますから。場の雰囲気を考え穏便に会話をしながら帰宅することをお勧めします。

以上、長々と失礼致しました。

トシさん

受験時期:平成10年1月下旬使用した参考書:国家・資格試験合格シリーズ「甲種危険物取扱者」(有紀書房)合格のコツ:出る問題は大体同じ感じなので、参考書の問題をきちんと解いておくといいと思います。大学の専門が化学だったので、基礎的な物理学および基礎的な化学、危険物の性質ならびにその火災予防および消火の方法についての問題はなんなく出来たが、危険物に関する法令だけは勉強が必要だった。でも法律もよく出る問題は決まっていたような印象。

鈴木規泰さん

市が主催の講習会にでたら、試験に出そうな所を教えてくれた。

バグースさん

私は大学生で、資格が何かほしいなーと思っていて、化学の単位が15単位以上になったとき甲種危険物取扱者に挑戦してみました。はじめての資格試験で心配だったため1ヶ月以上前から勉強を始めました。化学の物性や基礎の部分は一応学生なので簡単に思えましたが、法令の部分がなれていない部分だったので覚えるのに大変でした。

試験は東京で笹塚の近くにある消防なんとかセンターで受けました。やはり法令の部分が難しく、テスト中に自己採点してみたら、法令の部分が6割ぎりぎりでした。受かっていたらいいなーと思いつつ発表を待ち、東京では当日に発表なのでどきどきしていました。結果は合格。合格率は40%くらいだった気がする。(うれしくてはっきりおぼえていない)資格をはじめて受験して受かったのでとてもうれしかったです。あの電光掲示板で発表されるのは、車の免許の筆記試験を思い出しとてもどきどきしますよ。

桃木理恵さん 

甲種は、平成6年12月に静岡県で受験しました。使用した参考書は、静岡県危険物安全協会連合会で売っている、「危険物取扱者必携」です。元々、短大の化学科卒なため、甲種の受験資格はあったのですが、この試験の1年前に乙4類を受験し、合格しています。私の場合、乙4を受験してからあまり時間が経ってなかったので、法令などはほとんど覚えていたので、参考にはならないかもしれませんが。試験の1ヶ月ぐらい前から参考書を開いて暗記しました。2週間前からは、とにかくガンガン問題集をこなすことです。受験までに、先輩に借りたりして、3冊こなしました。問題集を完璧に出来れば、80%ぐらいは見覚えのある問題が出題されてますから。どうしても、見たことのない問題が出題されても、消去法でだいたい2個の答えが残ります。五者択一ですからどちらかが正解です。落ち着いて考えてみましょう。性質と消火法は、乙4に重点が置かれていました。あとの類は、参考書に太字で書かれてるポピュラーなものと、あまり頭に残らなかったようなものが半々ぐらい。乙種に合格のあと、2年以上の実務経験で受験資格を得た方は、法令なども忘れているでしょうから、大変かと思いますが、頑張って。あと、先輩で乙の1類から6類までを取った方がいましたが、その分、問題もきっちりやらなきゃならないし、お金の無駄なので、どうかと思います。例え、全部に合格して甲種免状の立場と同じになったとしても、免状の「甲種」の部分は空欄になってますから。

もじもじくんさん

先日2回目にしてやっと合格しました。 市販の問題集を2冊やっていきましたが,全く紹介されていない物質についても問題で出てきました。(第一類) 東京の幡ヶ谷の試験会場で受けましたが,道に迷ったため,開始時間ぎりぎりに到着しました。試験会場には,早めに行って復習したほうがいいですね。 

かねっちさん

受験日は、去年の2月でした。いきなり甲種だと、自分にとって無謀だと思い、既に乙四種を取ってから受験しました。細かく暗記部分が多い法令は全く同じなので気楽に余裕で合格と考えていました。しかし、世の中そんな甘くなく1〜6類までの危険物を全て網羅するのは、根気との我慢比べで、途中で何度投げ出そうかと思いました。一個人としては、危険物の性質や特徴は、1〜6類と数にしたら数百個ありかなり面倒くさいし、難関と思いがちですが、意外や意外化学と物理の問題の方が、受験する問題でえらい難易度が変わり、手を焼くと思われます。ちなみに自分は、受験の際、化学と物理の問題がチンプンカンプンで正直落ちたと思いました。マー結果的には受かったのですが・・・ 皆さんも、化学と物理を軽視してはいけないと思いますよ。

ひろぽんさん

私は昨年11月に危険物甲種を受けて、無事合格しました。応用化学系の学部を卒業して、現在も有機合成専攻で大学院に所属しています。もともと就職活動のために始めたモノだったので、動機は不純でしたが、目的がはっきりしていて頑張れたと思います。化学系の人ならまず物理学に関する所は大丈夫だと思います。ただ試薬の色や、沸点など聞かれたとき多少驚きましたが、日常での試薬の色、沸点等、何げに考えておけばそう困る程ではありませんでした。化学系(理系)にとって頭が痛いのが、法律に関する問題でした。これは本当に「覚えるだけ」といった感じでひたすら覚えました。指定数量などは、危険度が増すにつれて小さくなることなどを手がかりになんとかおさえました。実際に受けてみて思ったことは、どの選択問題も「あからさまに間違っている」ものを消去していけばまず大はずれはないと言うことです。化学系なら大丈夫だと思います。これは法律に関することでも同じ事が言えました。結局は頑張ることが近道ですが、理由を考えて覚えていくのがもっと近道だったような気がしました。

hiropenさん

取得したのが、あまりにも昔なのではきっりとは憶えていませんが昭和59年頃だと思います。幸い研究所に就職したので、周りのひとは化学の専門家ばかりで、仕事終了後にみっちり指導されました。受かるまで毎年勉強してもらうーといわれたので、必死に夜も勉強しました。その間2週間ぐらいでしたが、教え方がよかったのか無事合格できました。へたな参考書よりやっぱり専門家に教わった方が短期間勉強するだけで合格できるように思います