[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

レスベラトロール /resveratrol

レスベラトロール(resveratrol)は、ポリフェノールの一種であり、抗酸化作用を示す。

用途・歴史

赤ワインなどに多く含まれています。アンチエイジング(老化防止)作用があるとの触れ込みで、爆発的に売れているサプリメント成分です。

実のところ、人間に効くかどうかはまだ研究中らしいので、話題性だけが勝手に膨れあがっているというのが本当のところなのではと思います。

ポリフェノール化学構造を持つことからしても、抗酸化作用自体は、妥当性が高そうですが・・・。

 

関連文献

 

関連書籍

 

関連商品

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ゲオスミン(geosmin)
  2. サラシノール salacinol
  3. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  4. 酒石酸/Tartaric acid
  5. チエナマイシン /thienamycin
  6. ニトログリセリン / nitroglycerin
  7. サリチル酸 (salicylic acid)
  8. アクリルアミド /acrylamide

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  2. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール:1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  3. 共役はなぜ起こる?
  4. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  5. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  6. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  7. ブラックマネーに御用心
  8. Name Reactions: A Collection of Detailed Mechanisms and Synthetic Applications Fifth Edition
  9. 祝!明治日本の産業革命遺産 世界遺産登録
  10. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ハイフン(-)の使い方

ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいく…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP