[スポンサーリンク]

医薬品

モルヒネ morphine

モルヒネ(morphine)は、アヘンに含まれるアルカロイドの一種です。

歴史・用途

1803年に独化学者Friedrich Serturnerが単離に成功。ギリシア神話の夢の神MorpheusにちなんでMorphineと名付けられました。近年では末期ガンの疼痛緩和目的で使用されることが多く、患者の増加もあり、ますます使用頻度の高まっている医薬品です。

一方で、強い耽溺性・依存性があることでも知られており、麻薬に指定されています。モルヒネのジアセチル体はさらに依存性が強く、ヘロインと呼ばれる有名な麻薬になります。日本国内では所持・製造・使用の一切が法律で禁じられています。

関連書籍

関連リンク

モルヒネ (Wikipedia日本)

Morphine (Wikipedia)

ヘロイン (Wikipedia日本)

Heroin (Wikipedia)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  2. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン…
  3. モリブドプテリン (molybdopterin)
  4. シガトキシン /ciguatoxin
  5. ヨードホルム (iodoform)
  6. ユーコミン酸 (eucomic acid)
  7. エチルマレイミド (N-ethylmaleimide)
  8. バトラコトキシン (batrachotoxin)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 本当の天然物はどれ?
  2. フェン・チャン Feng Zhang
  3. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  4. 産業紙閲覧のすゝめ
  5. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  6. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  7. 動画:知られざる元素の驚きの性質
  8. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  9. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  10. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP