[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

計算化学記事まとめ

ケムステで紹介した計算化学に関する記事や人物、書籍に関してまとめます。

 

計算化学一般

 

計算化学が関連する(含まれる)最新研究結果

 

計算化学(理論化学)者ー世界の化学者データベースより

 

ソフトウェア

 

ノーベル賞

 

計算化学に関する書籍紹介

 

その他

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 生合成研究の記事まとめ
  2. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  3. 研究倫理問題について学んでおこう
  4. 日本人化学者による卓越した化学研究
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」シリーズ
  6. 化学研究特化型アプリまとめ
  7. 「文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり」シリーズ
  8. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  2. Imaging MS イメージングマス
  3. メンデレーエフスカヤ駅
  4. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  5. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  6. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  7. クリック反応の反応機構が覆される
  8. アイルランドに行ってきた①
  9. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  10. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界

内容2004年にブレークしたグラフェンは,電子材料はじめさまざまな応用が期待される新素材の担…

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP