ケイ素

  1. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  2. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

     地殻で酸素についで多いケイ素。身近なところでも、ガラスや半導体など、多くのケイ素化合物製品が使われ…

  3. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定

    第38回のスポットライトリサーチは、群馬大学理工学府分子科学部門 海野・武田研修士課程修了生(現在は…

  4. 安価な金属触媒でアルケンの高活性ヒドロシリル化を達成

    第26回のスポットライトリサーチは、九州大学 先導物質化学研究所(永島研究室)・野田 大輔 学術研究…

  5. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

    第19回目となるスポットライトリサーチは、東北大学理学研究科化学専攻(岩本研究室) 博士課程2年の赤…

  6. 小さなケイ素酸化物を得る方法

  7. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  8. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)

  9. シラフルオフェン (silafluofen)

  10. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン

  11. 玉尾皓平 Kohei Tamao

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  2. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  3. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  4. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  5. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  6. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  7. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ

注目情報

最新記事

可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応

2015年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

ルーベン・マーティン Ruben Martin

ルーベン・マーティン (Ruben Martin、1976年12月16日 (バルセロナ生)-)は、ス…

相次ぐ海外化学企業の合併

スイスのクラリアントは米ハンツマンを株式交換により買収することで合意した。時価総額で約140億ドル(…

機械的刺激による結晶間相転移に基づく発光性メカノクロミズム

第103回のスポットライトリサーチは、北海道大学総合化学院有機元素化学研究室(伊藤肇研究室)博士後期…

フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

フランスの著名ブロガー、レベッカ・ビュルジェールさんが泡状クリームを作るのに使う「エスプーマ」と呼ば…

PAGE TOP