[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 結晶構造データは論文か?CSD Communicationsの公開

    化学では、一粒の結晶にX線を当てて構造を決定する単結晶X線構造解析の結果が、最も信頼性の高いデータとして今でも重要視されています。この単結晶データを管理している最も大きな団体が、Cambridge Crystal Structure…

  2. Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生

    本日ノーベル化学賞発表です。今年は無機化学分野ではないかということで、MOFも有力ですが、実用化…

  3. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!

    人工光合成とは植物は太陽光を利用して、水や二酸化炭素から有機物を創り出す光合成を行っています。石…

  4. SPring-8って何?(初級編)

    新年を迎えて、自分の研究に新しい展開を!と意気込む研究者も多いのではないでしょうか。新たな反応、新た…

  5. フラクタルな物質、見つかる

    同じ分子でも、分子の並び方が変わると全く異なる性質を示すことがあります。最近…

  6. 1と2の中間のハナシ

  7. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば

  8. 鉄とヒ素から広がる夢の世界

  9. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?

  10. メタンハイドレートの化学 ~その2~

  11. メタンハイドレートの化学

  12. 還元された酸化グラフェン(その1)

  13. GFPをも取り込む配位高分子

  14. 「重曹でお掃除」の化学(その2)

  15. 「重曹でお掃除」の化学(その1)

  16. 一流の化学雑誌をいかにしてつくるか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  3. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  4. 3.11 14:46 ②
  5. 神秘的な海の魅力的アルカロイド
  6. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  7. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

PAGE TOP