[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. 化学産業における規格の意義

    普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の方が高価であるため品質が良いように思えるが、どのように品質が異なるかは単純でない。実際のところグレードは、ある品質規格に基づいて名前が付けら…

  2. 特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

    株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

  3. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告

    兵庫県宝塚市の宝塚市立病院が、病理検査室の排気設備の不具合を放置したとして、労働基準監督署から是正勧…

  4. 中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布

    2019年10月12日、中国化学品安全協会(CCSA)は「化学実験室安全管理規範(意見募集案)T/C…

  5. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

    米センサー・システムのフリアーシステムズは、化学兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

  6. 「カルピス」みらいのミュージアム

  7. ミツバチの活動を抑えるスプレー 高知大発の企業が開発

  8. リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

  9. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

  10. 麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

  11. 世界初、RoHS 指令の制限物質不使用で波長 14.3μm の中赤外光まで検出可能な検出器を量産化

  12. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行

  13. AIが作った香水、ブラジルで発売

  14. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨らむ

  15. 多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

  16. 99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  2. 薬学部6年制の現状と未来
  3. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  4. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥(解答編)
  6. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  7. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

PAGE TOP