[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【太陽HD】世界初!セルロースナノファイバー複合電子材料の研究

[スポンサーリンク]

セルロースナノファイバー(CNF)は木材などに含まれる植物繊維をナノサイズまでほぐすことで得られるナノ繊維のことです。CNFは鉄の5分の1程度の軽さでありながら、その7~8倍の強度を有する、ガラスと同程度の低い熱膨張率を示すなど優れた特性を有しています。そのため、樹脂の強化材料として大きな注目を集めています。また、CNFの大きな特徴として、少量の添加で大きな物性の改善が期待できる点が挙げられます(Fig. 1)。

Fig. 1 フィラー添加による熱膨張率変化の理論値

 

私たちはCNFのこれらの特徴に着目し、樹脂にCNFをフィラーとして添加することで、少量の添加によって低熱膨張化を実現することが出来ることを見出しました。

プリント配線板などの電子部品に使用されている絶縁性樹脂材料は、配線や半導体に用いられている銅やシリコンなどと比べて、熱膨張率が非常に大きいため、回路に熱が加わると基板に反りが生じることが問題となります。そのため、絶縁性樹脂材料には無機材料と同程度まで熱膨張率を低くすることが求められています。

一般に、絶縁性樹脂材料を低熱膨張化する手法としては、熱膨張率の低い無機材料をフィラーとして添加することが知られています。しかし、フィラーを高濃度で添加すると、樹脂本来の柔軟性が失われてしまい、機械強度が低下してしまいます。そのため、低熱膨張率と高機械強度の両立が課題となっています。

この課題を解決するために私たちは新たなフィラーとしてCNFに着目し、検討を進めていきました。

CNFは分子中に水酸基を多く含んでいることから、一般的には親水性を示すため、疎水性の樹脂と相性が悪く、均一に分散することが出来ません。そのため、疎水性の修飾基を導入し、CNFを疎水化することが必要になります。疎水化を行うことで、樹脂中においてもCNFを均一に分散させることが可能となります(Fig. 2)。

Fig. 2 CNFの疎水化イメージ

この疎水化CNFをエポキシ樹脂に添加すると、約3 vol%という少ない添加量にも関わらず、室温域で5~7 ppm/Kの低熱膨張化を実現することが出来ます(Fig. 3 CNF添加①)。

さらに、私たちはCNFの特性を十分に引き出すことが出来れば、さらなる低熱膨張化を実現できるはずだと考え、CNFの複合化に適した樹脂系の探索を行いました。その結果、エポキシ樹脂の硬化系を最適化することによって、従来と比較しても非常に大きな低熱膨張化を実現することが出来ました。この樹脂系では、熱膨張率が銅とほぼ同程度であるため、銅基板上に成膜した際の反りを抑制することができます(Fig. 3 CNF添加②)。

Fig. 3 CNF添加による熱膨張率変化と基板の反り

私たちは、CNFにはまだまだ大きな可能性が秘められていると考えています。その特性を最大限に引き出し、さらなる物性の向上を目指して、これからも挑戦を続けていきます。

この製品に関するお問い合わせ

太陽ホールディングス株式会社

本社:東京都豊島区西池袋1丁目11番1号 メトロポリタンプラザビル16階

お問い合わせは、メールにてお願いいたします。
recruit@taiyo-hd.co.jp

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授
  2. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  3. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ① ~入門編~
  4. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける
  5. アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
  6. 銀を使ってリンをいれる
  7. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応
  8. comparing with (to)の使い方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨのペーパーナイフ」の巻
  2. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成
  3. 大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当
  4. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  5. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  6. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  7. はしか流行?
  8. フランク・グローリアス Frank Glorius
  9. 個性あるTOCその③
  10. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP