[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

[スポンサーリンク]

―ぶれずに価値創造。

私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エネルギーといった、「未来を変える」最先端分野を切り拓く会社です。

本気で化学に携わりたい人へ

「化学が楽しくてたまらない」、「研究が好きで楽しんでいる」という人と共に、新たな価値を生み出していきたいと考えております。

研究開発こそ新たな価値を生み出す原動力だという明確な企業姿勢のもと、業界でもトップ水準の研究開発投資により、本気で研究に打ち込める環境を整えています。

人の面でも、研究好きな研究員同士がキャリアや立場にとらわれず、それぞれが“いち対等”な研究者として共に議論できる環境の中で、若いうちからどんどん新たな価値の創造に挑戦しています。

主要化学メーカーで長年トップを走り続ける研究開発費投資 ※主要化学メーカーとは、日経225選定銘柄(化学・繊維)22社です。

配属予約型の採用とキャリアマッチングイベント

研究員一人ひとりが、「これがやりたい」という強い気持ちで思いきり活躍していただきたいと考え、研究領域別での配属予約型の採用とキャリアマッチングイベントを実施しています。

日産化学では、携わりたい研究領域をご応募の段階で定めて頂き、実際にその領域でご入社、キャリアをスタートします。

キャリアマッチングイベントでは、全ての研究領域を公開し、各領域から現役の研究員本人が仕事内容や研究員ならではのマニアックな話をお伝えしますので、是非このイベントを通して自分が進みたい道を見つけてください。

START your chemi-story 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

東京:2020年1月28日(火)

大阪:2020年1月22日(水)

参加予約はこちら

採用情報

募集職種 研究開発職
※生産技術職、事務系総合職についての詳細は採用HPでご確認ください。
募集領域
  • 【化学】
    農薬、農薬製剤、医薬、合成プロセス、機能性材料(高分子、無機、有機-無機ハイブリッド)、ライフサイエンス材料、物質解析、医薬分析・物性研究
  • 【生物】
    農薬、医薬、安全性評価、医療材料
応募資格 2021 年 3 月大学院修了見込者 (6年制大学卒業見込者含む)
応募フロー 【研究開発職】

1月中下旬より応募受付開始

順次選考を実施

■キャリアマッチングLIVE
研究開発職としてのキャリアを考えて頂くうえで、是非ご参加下さい。
[日程] 大阪:1/22(水)、東京:1/28(火)

詳細、ご予約はこちらから

応募方法 こちらからマイページを発行の上、マイページ内でご応募下さい。
連絡先 日産化学株式会社 人事部 採用チーム
E-mail: saiyou@nissanchem.co.jp

日産化学の基本情報

会社名 日産化学株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目5‐1
事業所
  • 【本社】東京
  • 【研究所】千葉、埼玉、富山
  • 【工場】千葉、埼玉、富山、愛知、山口
  • 【海外拠点】アメリカ、フランス、中国、韓国、台湾、ブラジル、インド
事業内容
  • 【ライフサイエンス】医薬、農薬、生体材料、動物用医薬品
  • 【情報通信】半導体材料、ディスプレイ材料、無機コロイド材料、光機能性材料
  • 【環境エネルギー】電池材料、環境発電材料、熱制御材料
  • 【基盤】化学品、ファインケミカル製品の、開発、製造、販売。
創業 1887年(明治20年)
 資本金 189億円
 売上高 2,049億円(連結)
 従業員数 2,583名(連結)
 ホームページ https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー
  2. 複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた
  3. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワ…
  4. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–
  5. 今さら聞けないカラムクロマト
  6. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  7. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  8. ケムステ10年回顧録― 副代表版

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デヴィッド・エヴァンス David A. Evans
  2. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  3. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  4. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  5. アルコール依存症患者の救世主現る?
  6. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  7. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction
  8. フルエッギン Flueggine
  9. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  10. フラスコ内でタンパクが連続的に進化する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP