[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

[スポンサーリンク]

―ぶれずに価値創造。

私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エネルギーといった、「未来を変える」最先端分野を切り拓く会社です。

本気で化学に携わりたい人へ

「化学が楽しくてたまらない」、「研究が好きで楽しんでいる」という人と共に、新たな価値を生み出していきたいと考えております。

研究開発こそ新たな価値を生み出す原動力だという明確な企業姿勢のもと、業界でもトップ水準の研究開発投資により、本気で研究に打ち込める環境を整えています。

人の面でも、研究好きな研究員同士がキャリアや立場にとらわれず、それぞれが“いち対等”な研究者として共に議論できる環境の中で、若いうちからどんどん新たな価値の創造に挑戦しています。

主要化学メーカーで長年トップを走り続ける研究開発費投資 ※主要化学メーカーとは、日経225選定銘柄(化学・繊維)22社です。

配属予約型の採用とキャリアマッチングイベント

研究員一人ひとりが、「これがやりたい」という強い気持ちで思いきり活躍していただきたいと考え、研究領域別での配属予約型の採用とキャリアマッチングイベントを実施しています。

日産化学では、携わりたい研究領域をご応募の段階で定めて頂き、実際にその領域でご入社、キャリアをスタートします。

キャリアマッチングイベントでは、全ての研究領域を公開し、各領域から現役の研究員本人が仕事内容や研究員ならではのマニアックな話をお伝えしますので、是非このイベントを通して自分が進みたい道を見つけてください。

START your chemi-story 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

東京:2020年1月28日(火)

大阪:2020年1月22日(水)

参加予約はこちら

採用情報

募集職種 研究開発職
※生産技術職、事務系総合職についての詳細は採用HPでご確認ください。
募集領域
  • 【化学】
    農薬、農薬製剤、医薬、合成プロセス、機能性材料(高分子、無機、有機-無機ハイブリッド)、ライフサイエンス材料、物質解析、医薬分析・物性研究
  • 【生物】
    農薬、医薬、安全性評価、医療材料
応募資格 2021 年 3 月大学院修了見込者 (6年制大学卒業見込者含む)
応募フロー 【研究開発職】

1月中下旬より応募受付開始

順次選考を実施

■キャリアマッチングLIVE
研究開発職としてのキャリアを考えて頂くうえで、是非ご参加下さい。
[日程] 大阪:1/22(水)、東京:1/28(火)

詳細、ご予約はこちらから

応募方法 こちらからマイページを発行の上、マイページ内でご応募下さい。
連絡先 日産化学株式会社 人事部 採用チーム
E-mail: saiyou@nissanchem.co.jp

日産化学の基本情報

会社名 日産化学株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋二丁目5‐1
事業所
  • 【本社】東京
  • 【研究所】千葉、埼玉、富山
  • 【工場】千葉、埼玉、富山、愛知、山口
  • 【海外拠点】アメリカ、フランス、中国、韓国、台湾、ブラジル、インド
事業内容
  • 【ライフサイエンス】医薬、農薬、生体材料、動物用医薬品
  • 【情報通信】半導体材料、ディスプレイ材料、無機コロイド材料、光機能性材料
  • 【環境エネルギー】電池材料、環境発電材料、熱制御材料
  • 【基盤】化学品、ファインケミカル製品の、開発、製造、販売。
創業 1887年(明治20年)
 資本金 189億円
 売上高 2,049億円(連結)
 従業員数 2,583名(連結)
 ホームページ https://www.nissanchem.co.jp/saiyo/

関連記事

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  2. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転…
  3. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  4. 無限の可能性を秘めたポリマー
  5. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017
  6. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)
  7. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  8. 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 大学院入試情報

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マルチディスプレイを活用していますか?
  2. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  3. ヒドラジン
  4. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  5. Glenn Gould と錠剤群
  6. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  7. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  8. マイケル付加 Michael Addition
  9. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?
  10. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP