[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford

[スポンサーリンク]

 メラニー・S・サンフォード (Melanie S. Sanford、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:National Organic Chemistry Symposium)。米ミシガン大学教授。

経歴

1996 イェール大学 卒業 (Robert Crabtree教授)
2001 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Robert H. Grubbs教授)
2001-2003 プリンストン大学 博士研究員 (Jay Groves教授)
2003 ミシガン大学 助教授
2007 ミシガン大学 准教授
2010 ミシガン大学 教授
2011 ミシガン大学 教授 (Arthur F. Thurnau Professor)
2012 ミシガン大学 教授 (Moses Gomberg Collegiate Professor)

 

受賞歴

2003 Synlett and Synthesis Editorial Board Assistant Professor Journal Awardee
2003-2008 Camille and Henry Dreyfus Foundation New Faculty Award
2004-2007 Beckman Young Investigator Award
2005 Boehringer Ingelheim New Investigator Award in Organic Synthesis
2005 Amgen Young Investigator Award
2005 Eli Lilly Grantee Award
2006 Bristol Myers Squibb “Freedom to Discover” Award
2006 National Science Foundation CAREER Award
2006 Alfred P. Sloan Research Fellow
2006 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2006 Presidential Early Career Award for Scientists and Engineers (PECASE)
2006 Abbott Young Investigator Award
2006 GlaxoSmithKline Chemistry Scholars Award
2007 Roche Excellence in Chemistry Award
2008 ACS Arthur C. Cope Scholar Award
2009 BASF Catalysis Award
2010 LSA Excellence in Teaching Award
2010 John Dewey Award for Undergraduate Education
2010 National Fresenius Award (Phi Lambda Upsilon and ACS) 2010
2011 Arthur F. Thurnau Professorship
2011 ACS Award in Pure Chemistry
2011 Fellow of American Association for Advancement of Science
2011 Royal Society of Chemistry Fluorine Prize
2011 MacArthur Foundation Fellowship
2012 Classical High School Distinguished Alumni Award
2012 Paul N. Rylander Award (Organic Reactions Catalysis Society)
2012 Moses Gomberg Collegiate Chair in Chemistry
2012 Thieme-IUPAC Prize
2013 ACS Ipatieff Prize
2013 Tetrahedron Young Investigator Award in Synthetic Chemistry
2013 Raymond and Beverly Sackler Prize in Chemistry 2013
2014 UM Faculty Recognition Award
2015 OMCOS Award 2015
2015 SABIC Young Catalysis Investigator Award

研究概要

パラジウム触媒を用いる酸化的C-H官能基化反応の開発

sanford_1.gif

配向基を持つ基質はパラジウム(II)とメタラサイクルを形成する。このパラダサイクルは酸化剤および適切な求核剤の存在下に酸化的カップリング反応を進行させる。このパラジウム(II)-パラジウム(IV)の相互変換を利用し、一般性の高い触媒的C-H官能基化コンセプトを打ち出している。

 

コメント&その他

  1. Popular Scienceが例年選ぶ傑出若手科学者“Brilliant 10”に選ばれています。
  2. 数度の飛び級を経て大学を卒業しています。
  3. 引用数は20000, h-index=74 (2017年10月)

関連動画

関連文献

  • Dick, A. R.; Hull, K. L.; Sanford, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 2300. DOI: 10.1021/ja031543m
  • Desai, L. V.; Hull , K. L.; Sanford, M. S. J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 9542.
  • Dick, A. R.; Kampf, J. W.; Sanford, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 12790.
  • Hickman, A. J.; Sanford, M. S. Nature 2012, 484, 177. DOI: 10.1038/nature11008
  • Camasso, N. M.; Sanford, M. S. Science 2015, 347, 1218. DOI: 10.1126/science.aaa4526

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  2. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi
  3. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  4. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  5. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echav…
  6. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  7. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  8. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  2. 「株式会社未来創薬研究所」を設立
  3. 「話すのが得意」でも面接が通らない人の特徴
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  5. フェノールのC–O結合をぶった切る
  6. 研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会
  7. 白リン / white phosphorus
  8. アステラス病態代謝研究会 2019年度助成募集
  9. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis
  10. ジェイコブセン・香月エポキシ化反応 Jacobsen-Katsuki Epoxidation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP