[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford

[スポンサーリンク]

メラニー・S・サンフォード (Melanie S. Sanford、1975年6月16日 -)は、アメリカの有機化学者である(写真:National Organic Chemistry Symposium)。米ミシガン大学教授。

経歴

1996 イェール大学 卒業 (Robert Crabtree教授)
2001 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Robert H. Grubbs教授)
2001-2003 プリンストン大学 博士研究員 (Jay Groves教授)
2003 ミシガン大学 助教授
2007 ミシガン大学 准教授
2010 ミシガン大学 教授
2011 ミシガン大学 教授 (Arthur F. Thurnau Professor)
2012 ミシガン大学 教授 (Moses Gomberg Collegiate Professor)

 

受賞歴

2003 Synlett and Synthesis Editorial Board Assistant Professor Journal Awardee
2003-2008 Camille and Henry Dreyfus Foundation New Faculty Award
2004-2007 Beckman Young Investigator Award
2005 Boehringer Ingelheim New Investigator Award in Organic Synthesis
2005 Amgen Young Investigator Award
2005 Eli Lilly Grantee Award
2006 Bristol Myers Squibb “Freedom to Discover” Award
2006 National Science Foundation CAREER Award
2006 Alfred P. Sloan Research Fellow
2006 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2006 Presidential Early Career Award for Scientists and Engineers (PECASE)
2006 Abbott Young Investigator Award
2006 GlaxoSmithKline Chemistry Scholars Award
2007 Roche Excellence in Chemistry Award
2008 ACS Arthur C. Cope Scholar Award
2009 BASF Catalysis Award
2010 LSA Excellence in Teaching Award
2010 John Dewey Award for Undergraduate Education
2010 National Fresenius Award (Phi Lambda Upsilon and ACS) 2010
2011 Arthur F. Thurnau Professorship
2011 ACS Award in Pure Chemistry
2011 Fellow of American Association for Advancement of Science
2011 Royal Society of Chemistry Fluorine Prize
2011 MacArthur Foundation Fellowship
2012 Classical High School Distinguished Alumni Award
2012 Paul N. Rylander Award (Organic Reactions Catalysis Society)
2012 Moses Gomberg Collegiate Chair in Chemistry
2012 Thieme-IUPAC Prize
2013 ACS Ipatieff Prize
2013 Tetrahedron Young Investigator Award in Synthetic Chemistry
2013 Raymond and Beverly Sackler Prize in Chemistry 2013
2014 UM Faculty Recognition Award
2015 OMCOS Award 2015
2015 SABIC Young Catalysis Investigator Award

研究概要

パラジウム触媒を用いる酸化的C-H官能基化反応の開発

sanford_1.gif

配向基を持つ基質はパラジウム(II)とメタラサイクルを形成する。このパラダサイクルは酸化剤および適切な求核剤の存在下に酸化的カップリング反応を進行させる。このパラジウム(II)-パラジウム(IV)の相互変換を利用し、一般性の高い触媒的C-H官能基化コンセプトを打ち出している。

 

コメント&その他

  1. Popular Scienceが例年選ぶ傑出若手科学者“Brilliant 10”に選ばれています。
  2. 数度の飛び級を経て大学を卒業しています。
  3. 引用数は20000, h-index=74 (2017年10月)

関連動画

関連文献

  • Dick, A. R.; Hull, K. L.; Sanford, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 2300. DOI: 10.1021/ja031543m
  • Desai, L. V.; Hull , K. L.; Sanford, M. S. J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 9542.
  • Dick, A. R.; Kampf, J. W.; Sanford, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 12790.
  • Hickman, A. J.; Sanford, M. S. Nature 2012, 484, 177. DOI: 10.1038/nature11008
  • Camasso, N. M.; Sanford, M. S. Science 2015, 347, 1218. DOI: 10.1126/science.aaa4526

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 遠藤守信 Morinobu Endo
  2. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio…
  3. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  4. 谷野 圭持 Keiji Tanino
  5. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  6. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  7. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  8. ベン・シェンBen Shen

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)
  2. ちょっと変わったイオン液体
  3. 低分子ゲル化剤・増粘剤の活用と材料設計、応用技術
  4. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  5. 健康食品から未承認医薬成分
  6. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  7. 藤田 誠 Makoto Fujita
  8. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  9. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  10. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP