[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford

[スポンサーリンク]

 メラニー・S・サンフォード (Melanie S. Sanford、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:National Organic Chemistry Symposium)。米ミシガン大学教授。

経歴

1996 イェール大学 卒業 (Robert Crabtree教授)
2001 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Robert H. Grubbs教授)
2001-2003 プリンストン大学 博士研究員 (Jay Groves教授)
2003 ミシガン大学 助教授
2007 ミシガン大学 准教授
2010 ミシガン大学 教授
2011 ミシガン大学 教授 (Arthur F. Thurnau Professor)
2012 ミシガン大学 教授 (Moses Gomberg Collegiate Professor)

 

受賞歴

2003 Synlett and Synthesis Editorial Board Assistant Professor Journal Awardee
2003-2008 Camille and Henry Dreyfus Foundation New Faculty Award
2004-2007 Beckman Young Investigator Award
2005 Boehringer Ingelheim New Investigator Award in Organic Synthesis
2005 Amgen Young Investigator Award
2005 Eli Lilly Grantee Award
2006 Bristol Myers Squibb “Freedom to Discover” Award
2006 National Science Foundation CAREER Award
2006 Alfred P. Sloan Research Fellow
2006 Research Corporation Cottrell Scholar Award
2006 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2006 Presidential Early Career Award for Scientists and Engineers (PECASE)
2006 Abbott Young Investigator Award
2006 GlaxoSmithKline Chemistry Scholars Award
2007 Roche Excellence in Chemistry Award
2008 ACS Arthur C. Cope Scholar Award
2009 BASF Catalysis Award
2010 LSA Excellence in Teaching Award
2010 John Dewey Award for Undergraduate Education
2010 National Fresenius Award (Phi Lambda Upsilon and ACS) 2010
2011 Arthur F. Thurnau Professorship
2011 ACS Award in Pure Chemistry
2011 Fellow of American Association for Advancement of Science
2011 Royal Society of Chemistry Fluorine Prize
2011 MacArthur Foundation Fellowship
2012 Classical High School Distinguished Alumni Award
2012 Paul N. Rylander Award (Organic Reactions Catalysis Society)
2012 Moses Gomberg Collegiate Chair in Chemistry
2012 Thieme-IUPAC Prize
2013 ACS Ipatieff Prize
2013 Tetrahedron Young Investigator Award in Synthetic Chemistry
2013 Raymond and Beverly Sackler Prize in Chemistry 2013
2014 UM Faculty Recognition Award
2015 OMCOS Award 2015
2015 SABIC Young Catalysis Investigator Award

研究概要

パラジウム触媒を用いる酸化的C-H官能基化反応の開発

sanford_1.gif

配向基を持つ基質はパラジウム(II)とメタラサイクルを形成する。このパラダサイクルは酸化剤および適切な求核剤の存在下に酸化的カップリング反応を進行させる。このパラジウム(II)-パラジウム(IV)の相互変換を利用し、一般性の高い触媒的C-H官能基化コンセプトを打ち出している。

 

コメント&その他

  1. Popular Scienceが例年選ぶ傑出若手科学者“Brilliant 10”に選ばれています。
  2. 数度の飛び級を経て大学を卒業しています。
  3. 引用数は20000, h-index=74 (2017年10月)

関連動画

関連文献

  • Dick, A. R.; Hull, K. L.; Sanford, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 2300. DOI: 10.1021/ja031543m
  • Desai, L. V.; Hull , K. L.; Sanford, M. S. J. Am. Chem. Soc. 2004, 126, 9542.
  • Dick, A. R.; Kampf, J. W.; Sanford, M. S.  J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 12790.
  • Hickman, A. J.; Sanford, M. S. Nature 2012, 484, 177. DOI: 10.1038/nature11008
  • Camasso, N. M.; Sanford, M. S. Science 2015, 347, 1218. DOI: 10.1126/science.aaa4526

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  2. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  3. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  4. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  5. 城戸 淳二 Junji Kido
  6. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  7. イー・タン Yi Tang
  8. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究室での英語【Part 3】
  2. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  3. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用
  4. クネーフェナーゲル ピリジン合成 Knoevenagel Pyridine Synthesis
  5. 化学者の卵、就職活動に乗りだす
  6. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  7. (-)-ウシクライドAの全合成と構造決定
  8. 三中心四電子結合とは?
  9. 発展が続く新型コロナウィルス対応
  10. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP