[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ダグ・ステファン Douglas W. Stephan

 

ダグラス・W・ステファン (Douglas W. Stephan、1953年7月27日-)は、カナダの無機化学者である。トロント大学 教授(写真:Stephan Research Group)。

経歴

1972-1976 McMaster大学 学士号取得
1976-1980 西オンタリオ大学 博士号取得 (N.C.Payne教授)
1980-1982 ハーバード大学 博士研究員 (Richard H. Holm教授)
1982-1985 Windsor大学 助教授
1985-1992 Windsor大学 准教授
1992-2002 Windsor大学 教授
2002-2007 Windsor大学 University Professor
2008-現在 トロント大学 教授

2003-2006 Windsor大学 学科長を兼任

 

受賞歴

2001 Alcan Award
2002 フンボルト賞
2003 University of Windsor Senior Award for Research
2003 NSERC Synergy Award
2004 Ciapetta Lectureship Award
2005 LeSuerur Memorial Award

 

研究概要

フラストレイティド・ルイスペア(FLP)概念に基づく化学変換の開発

嵩高い置換基を持つルイス酸とルイス塩基は、その立体障害ゆえに錯形成を行うことができない。このような酸-塩基コンビネーションを、フラストレイティド・ルイスペア(frustrated Lewis pair;FLP)と呼ぶ[1]。酸・塩基双方の性質を打ち消し合うことが無く、両者の協同作用を期待した反応性・化学系の設計がFLPでは実現されうる。

分子状水素をヘテロリティクに開裂させることも可能である[2]。他にも、極めて安定な物質たる二酸化炭素、亜酸化窒素なども活性化可能なことが示されている。

FLP.gifこの特性ゆえ、水素貯蔵材料、環境対策に向けての新規な化学変換プロセス、斬新な有機分子触媒などの次世代機能性材料開発に有効なベーシック・コンセプトとみなされている。
この概念を開拓したStephan教授は、世界中から注目を浴びる研究者の一人となっている。

 

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] review: (a) Stephan, D. W. Org. Biomol. Chem. 2008, 6, 1535. doi:10.1039/b802575b (b) Welch, G .C.; Cabrera, L.; Chase, P. A.; Hllink, E.; Masujda, J. D.; Wei, P.; Stephan, D. W. Dalton Trans. 2007, 3407. (c) Stephan, D. W.; Erker, G. Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 49, 46. DOI: 10.1002/anie.200903708
[2] Welch, G. C.; Juan, R. R. S.; Masuda, J. D.; Stephan, D. W. Science 2006, 314, 1124. doi:10.1126/science.1134230

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  2. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  3. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  4. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo…
  5. 野依賞―受賞者一覧
  6. ダン・シングルトン Daniel Singleton
  7. フィル・バラン Phil S. Baran
  8. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  2. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  3. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  4. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  5. やまと根岸通り
  6. グレッグ・バーダイン Gregory L. Verdine
  7. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  8. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  9. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  10. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP