[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大阪大入試:昨年の化学も「設定に誤り」と外部から指摘

 大阪大は9日、昨年2月に実施した一般入試の化学の試験について、外部から「問題の条件設定に誤りがある」との指摘があったことを明らかにした。(引用:毎日新聞2月10日)

指摘があったのは、2017年前期日程の化学の問題で、アンモニアを筒状の反応器に通して触媒作用によって窒素と水素を合成する問題です。前提として

  • 反応器内の圧力は反応器出口の圧力調整器により調整させ、入り口から出口まで一定に保った
  • 反応器内の温度はヒーターを用いて入り口から出口まで一定に保った

と書かれています。反応器は円柱なので単位体積も同じとなり、理想気体では状態方程式PV=nRTによりn濃度も反応器の入り口から出口まで一定になるはずです。しかし問題では、アンモニアの濃度が入り口から出口まで変化するグラフが書かれていて矛盾が生じています。

すぐに大きな問題にならなかったのは、設問を答える際には計算の問題では濃度変化を無視すると回答にたどり着くことができ、水素と窒素の濃度変化をグラフにする問題ではアンモニアの濃度変化に応じて答えることができるからだと考えられます。そもそも実際の反応器を考えると出口に圧力調整器を取り付けるだけでは、この反応の場合では反応器全体の圧力を一定にすることができないので、入試の問題にするには難しい題材だったかもしれません。

圧力調整器の一種、バタフライバルブ。ガス配管に組み込み黄色の弁が管に対して垂直になったり平衡になることで圧力を調整できる。

最近では、この大阪大学の例だけでなく数々の出題ミスが起きていて、追加の合格者を出す事例もあります。問題を作るのは大学の先生方ですが、期末試験のように問題を使いまわすことはできず、とても労力のかかる仕事であることは容易に想像できます。受験者も希望の大学に入学するために必死に勉強して試験に臨むわけであり出題ミスは起きるべきではありません。センター試験も2020年度には大学入学共通テストに生まれ変わるわけであり、個別の入試方法の変更も議論すべきなのかもしれません。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 理研も一般公開するよ!!
  2. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  3. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  4. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  5. リピトールの特許が切れました
  6. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  7. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  8. 富大工学部実験研究棟で火事

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  2. 紹介会社を使った就活
  3. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry
  4. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成
  5. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  6. START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE
  7. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  8. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  9. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編
  10. ウルツ反応 Wurtz Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

PAGE TOP