[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大阪大入試:昨年の化学も「設定に誤り」と外部から指摘

 大阪大は9日、昨年2月に実施した一般入試の化学の試験について、外部から「問題の条件設定に誤りがある」との指摘があったことを明らかにした。(引用:毎日新聞2月10日)

指摘があったのは、2017年前期日程の化学の問題で、アンモニアを筒状の反応器に通して触媒作用によって窒素と水素を合成する問題です。前提として

  • 反応器内の圧力は反応器出口の圧力調整器により調整させ、入り口から出口まで一定に保った
  • 反応器内の温度はヒーターを用いて入り口から出口まで一定に保った

と書かれています。反応器は円柱なので単位体積も同じとなり、理想気体では状態方程式PV=nRTによりn濃度も反応器の入り口から出口まで一定になるはずです。しかし問題では、アンモニアの濃度が入り口から出口まで変化するグラフが書かれていて矛盾が生じています。

すぐに大きな問題にならなかったのは、設問を答える際には計算の問題では濃度変化を無視すると回答にたどり着くことができ、水素と窒素の濃度変化をグラフにする問題ではアンモニアの濃度変化に応じて答えることができるからだと考えられます。そもそも実際の反応器を考えると出口に圧力調整器を取り付けるだけでは、この反応の場合では反応器全体の圧力を一定にすることができないので、入試の問題にするには難しい題材だったかもしれません。

圧力調整器の一種、バタフライバルブ。ガス配管に組み込み黄色の弁が管に対して垂直になったり平衡になることで圧力を調整できる。

最近では、この大阪大学の例だけでなく数々の出題ミスが起きていて、追加の合格者を出す事例もあります。問題を作るのは大学の先生方ですが、期末試験のように問題を使いまわすことはできず、とても労力のかかる仕事であることは容易に想像できます。受験者も希望の大学に入学するために必死に勉強して試験に臨むわけであり出題ミスは起きるべきではありません。センター試験も2020年度には大学入学共通テストに生まれ変わるわけであり、個別の入試方法の変更も議論すべきなのかもしれません。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  2. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  3. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  4. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  5. 情報守る“秘密の紙”開発
  6. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  7. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  8. 育て!燃料電池を担う子供たち

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケミカル・アリに死刑判決
  2. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ
  3. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  4. マイケル・レヴィット Michael Levitt
  5. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)
  6. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジェストまとめ
  7. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  8. 金城 怜 Rei Kinjo
  9. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成
  10. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP