[スポンサーリンク]


タンパク質触媒

  1. バイオ触媒によるトリフルオロメチルシクロプロパンの不斉合成

    バイオ触媒「ミオグロビン」により”トリフルオロメチルカルベン”をオレフィンに転移させる、新奇トリフルオロメチルシクロプロパンの効率的不斉合成法が開発された。バイオ触媒カルベン転移反応トリフルオロメチルシクロプロパンは3員環とトリフル…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 規則的に固定したモノマーをつないで高分子を合成する
  2. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  3. Glenn Gould と錠剤群
  4. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  5. 化学探偵Mr.キュリー6
  6. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  7. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP