[スポンサーリンク]


マスメディア

  1. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか

    (引用:ajw.asahi.com)先日発表された歴史をひっくり返すほどの研究、STAP細胞のニュースは市井を大いに賑わせています。開発者が学位取得わずか2年目の女性科学者だったこと、心に響く苦難話とサクセスストーリーなど異例づ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  2. 米社が液晶パネルのバックライトにカーボン・ナノチューブを採用
  3. 内部アルケン、ついに不斉ヒドロアミノ化に屈する
  4. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  5. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  6. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  7. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk

注目情報

最新記事

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

PAGE TOP