[スポンサーリンク]


秤量

  1. 化合物の秤量

    数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし、果たしてその重さは正しい数値なのか?ということに関しては、量が少なくなればなるほど、本当にそれだけのモノが入ってるのか自信がない。。。とい…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  2. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  3. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する
  4. SPring-8って何?(初級編)
  5. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」
  6. ヒノキチオール (hinokitiol)
  7. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP