[スポンサーリンク]


非NMDA型グルタミン酸受容体|ひえぬえむでぃーえーがた

  1. カイニン酸 kainic acid

    カイニン酸(kainic acid)は、紅藻の海人草(かいにんそう:別名マクリ)から単離されたアミノ酸の一種。虫下しとしての漢方的用途がある。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す
  2. エチオ・リザード Ezio Rizzardo
  3. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  4. 人名反応に学ぶ有機合成戦略
  5. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst
  6. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  7. 【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP