[スポンサーリンク]


高分子 Grubbs メタセシス

  1. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合

    (画像は下記論文のTOCを引用)近年、Grubbs・Schrock・Hoveydaらを中心に、立体選択的なメタセシス反応の開発が進められており、ケムステにおいても紹介してきました(こちらとこちら)。低分子化合物だけでなく、高分…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カリフォルニア大学バークレー校・化学科への学部交換留学
  2. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  3. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  4. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  5. 化学産業における規格の意義
  6. 野副鉄男 Tetsuo Nozoe
  7. 相間移動触媒 Phase-Transfer Catalyst (PTC)

注目情報

最新記事

新規性喪失の例外規定とは?

bergです。今回は論文投稿・学会発表と特許出願を同時に行うための新規性喪失の例外規定の適用手続きに…

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

PAGE TOP