更新履歴

リチウムイオン電池の課題のはなし-1
アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化
有機反応を俯瞰する ー縮合反応
三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成
ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 PartI
プラスチック類の選別のはなし
イオン液体ーChemical Times特集より
活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
ご長寿化学者の記録を調べてみた
池田 富樹 Tomiki Ikeda
マリウス・クロア G. Marius Clore
アンソニー・スペック Anthony L. Spek
井上 佳久 Yoshihisa Inoue
チャド・マーキン Chad A. Mirkin
ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
光延反応 Mitsunobu Reaction
マンニッヒ反応 Mannich Reaction
反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~
有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
下村 脩 Osamu Shimomura
ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
鈴木 章 Akira Suzuki
有機化学美術館が来てくれました
光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成
未来のノーベル化学賞候補者(2)
未来のノーベル化学賞候補者
2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)
2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)
2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
光化学スモッグ注意報が発令されました
単一細胞レベルで集団を解析
Gilbert Stork最後の?論文
有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン・トリアジン・アルカロイド・有機結晶
フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl
ウルマンカップリング Ullmann Coupling
ストーク エナミン Stork Enamine
TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
アッペル反応 Appel Reaction
ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction

続きを見る

PAGE TOP