[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み

  1. 元素生活 完全版

    概要刊行から8年.好評の『元素生活』に,ニホニウムなどの新しい元素がついに仲間入り.全部そろって新登場というわけです.元素なんてどうだっていいじゃん.そんな著者が,自分でも楽しめるように考えた元素の本.私たちの暮らしを“元素目線”で…

  2. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

    概要YouTubeチャンネル登録者数10万人を誇る科学技術専門放送「サイエンスチャンネル」の…

  3. 元素紀行

    先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

  4. 元素名と中国語

    Eineです。化学を学ぶ人間が最初に直面する課題、それは元素周期表の暗記です。高校化学過程では第1元…

  5. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

    日本化学会年会開催まであと2日。市民科学講座と並んで、毎日誰でも参加できる行事があるんです。…

  6. 相撲と化学の意外な関係(?)

  7. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素

  8. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる

  9. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

  10. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

  11. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される

  12. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

  13. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料

  14. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで

  15. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用

  16. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  2. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  3. 理研も一般公開するよ!!
  4. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  5. 対決!フタロシアニンvsポルフィリン
  6. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  7. 有機触媒 / Organocatalyst

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP