[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み

  1. 元素の和名わかりますか?

    先日国立科学博物館にて「日本を変えた千の技術博」という特別展が開かれているというポストがありました。筆者も先日行ってきたのですが、そこで見つけた1878年に宇田川準一(宇田川榕庵の養子である興斎の子)が記したとされる「元素化合量一覧表」から…

  2. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~

    元素戦略は平成19年より文部科学省・経済産業省が主導している国家戦略です。長いこと勢力的に研究活動を…

  3. 元素川柳コンテスト募集中!

    皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。年が明けると博論・修論・…

  4. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–

    前回の記事で、ヘリウムをアルカリ土類金属の上に置いた、斬新な周期表があることを紹介しました。本記事で…

  5. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–

    現在の周期表は、およそ 120 種の元素を原子番号順に並べ、基本的には電子配置が似ている元素同士が縦…

  6. 元素生活 完全版

  7. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

  8. 元素紀行

  9. 元素名と中国語

  10. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?

  11. 相撲と化学の意外な関係(?)

  12. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素

  13. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる

  14. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

  15. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

  16. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  2. 植村酸化 Uemura Oxidation
  3. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  4. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  5. プロドラッグって
  6. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

PAGE TOP