[スポンサーリンク]

ハイフン(-)の使い方

ハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいくつか示し、最後によく見られる誤用例を取り上げます。1. 接頭辞との併用接頭辞の後に語幹が組み合わさった語、つまり「」という構造を持つ…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

A値(A value)

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

bothの使い方

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

国連番号(UN番号)

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

免疫/アレルギーーChemical Times特集より

盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理

怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データをまとめた論文です。今回は、筆者が把握しているNMRのケミカルシフトが掲載されている論文4報を紹介し比較していきます。 (さらに&h…

bothの使い方

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

免疫/アレルギーーChemical Times特集より

怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~

テルペンを酸化的に”飾り付ける”

「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ

カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

whileの使い方

近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

過ぎ去りし器具への鎮魂歌

安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むことのできる酵素が見いだされた。タイトルはシュプリンガー・ネイチャーの出版している日本語の科学まとめ雑誌である「Natureダイジェス…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「…

免疫/アレルギーーChemical Times特集より

ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼ…

できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイ…

天才児の見つけ方・育て方

メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

電子学術情報の利活用

化学系学生のための企業合同説明会

無限の可能性を秘めたポリマー

NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞

標準物質ーChemical Times特集より

金属スカベンジャーを試してみた

「温故知新」で医薬品開発

【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合…

ピックアップ記事

化学者のつぶやき

  1. bothの使い方

ケムステニュース

身の回りの分子

ODOS 有機反応データベース

元素の基本と仕組み

注目情報

研究者へのインタビュー

試薬検索:東京化成工業



ケムステまとめ

世界の化学者データベース

化学地球儀

募集

スポンサー募集

2017年1月からの広告を募集しています。
ご希望の方はこちら⇒広告掲載について
 

スタッフ募集

サイト運営・製作のお手伝いをしてくださる方(ケムステスタッフ)を募集しています。
詳細はこちら⇒スタッフ募集について

PAGE TOP