[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき製品情報

  1. Biotage Selekt+ELSD【実機レビュー】

    最近では、有機合成研究室には1台以上はあるのではないかという自動フラッシュ精製装置ですが、その中でも最新機種の一つであるBiotage SelektにELSD検出器をつけた機種をデモ&実装しましたので、他機種との比較など交えながら特徴を紹介…

  2. Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

    Biotage の新型自動フラッシュクロマトシステム Selekt のバリュープライ…

  3. スクショの友 Snagit

    スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑯:骨伝導ヘッドホンの巻

    イヤホン・ヘッドホンは場所を問わず自由に音楽や動画を楽しんだり会議に参加できるため、必須のデバイスに…

  5. テクノシグマのミニオイルバス MOB-200 を試してみた

    筆者は物理的に狭いラボにしか所属したことがなく、広いラボスペースには憧れを抱いていま…

  6. コンパクトで革新的な超純水製造システム「アリウム」

  7. ワンチップ顕微鏡AminoMEを買ってみました

  8. 世界最大級のマススペクトルデータベース「Wiley Registry」

  9. 売切れ必至!?ガロン瓶をまもるうわさの「ガロテクト」試してみた

  10. 化学反応を自動サンプリング! EasySampler 1210

  11. 有機電解合成プラットフォーム「SynLectro」

  12. 第3のフラッシュ自動精製装置がアップグレード:分取クロマトグラフィーシステムPure

  13. SHIPS uniform worksとのコラボ!話題の白衣「WHITECOAT」を試してみた

  14. Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

  15. フラッシュ精製装置「バイオタージSelect」を試してみた

  16. 柴田科学 合成反応装置ケミストプラザ CP-400型をデモしてみた

スポンサー

ピックアップ記事

  1. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  2. 【本日14時締切】マテリアルズ・インフォマティクスで活用される計算化学-その手法と概要について広く解説-
  3. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より
  4. Pure science
  5. 半導体領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用-レジスト材料の探索、CMPの条件最適化編-
  6. Reaxys Prize 2011募集中!
  7. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP