[スポンサーリンク]


2015年 7月 09日

  1. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる

    反応経路はどうなっているのだろうか?反応遷移状態の構造は?有機化学者なら、誰しも気にするところです。以前は、分光学的手法などを用いた実験化学的手法により反応経路をサポートすることが一般的でした。近年で…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. “関節技”でグリコシル化を極める!
  2. ケムステイブニングミキサー2015へ参加しよう!
  3. 13族元素含有ベンゼンの合成と性質の解明
  4. DNAが絡まないためのループ
  5. 「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4
  6. 第157回―「メカノケミカル合成の方法論開発」Tomislav Friščić教授
  7. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

開催日:2022/12/14  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

工業生産モデルとなるフロー光オン・デマンド合成システムの開発に成功!:クロロホルムを”C1原料”として化学品を連続合成

第450回のスポットライトリサーチは、神戸大学大学院理学研究科化学専攻 津田研究室の岡田 稜海 (お…

【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

私たちは「楽しい社会を実現する」という経営理念をもとに事業分野を広げ、世界をリードする総合化学企業と…

進む分析機器の開発

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

PAGE TOP