[スポンサーリンク]


2021年 8月 23日

  1. ナイロンに関する一騒動 ~ヘキサメチレンジアミン供給寸断

    Tshozoです。様々なところで問題になっている表題の件、既にあちこちで取り上げられていて(リンク 及び リンク など)、「供給がタイトだったところにテキサス大寒波で大停電が起き、ナイロン原料プラントが稼働停止に追い込まれ供給が止ま…

  2. 続々と提供される化学に特化したAIサービス

    オルツは21日、「AI GIJIROKU(AI議事録)」の分野・業種別音声認識機能として、教育向け強…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 浜松ホトニクス、ヘッド分離型テラヘルツ波分光分析装置を開発
  2. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion of Metal Carbenoid
  3. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調
  4. 第7回ImPACT記者懇親会が開催
  5. 香りの化学1
  6. ルイスペア形成を利用した電気化学発光の増強
  7. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

PAGE TOP