[スポンサーリンク]


Candidacy

  1. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

    アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candidacyと呼ばれる試験です。これらの試験に受からなければ、学生はPh.D.課程に残ることは出来ず、修士取得退学などをすることになります。今回は…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~
  2. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  3. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  4. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた
  5. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  6. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

注目情報

最新記事

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

PAGE TOP