[スポンサーリンク]


Candidacy

  1. アメリカ大学院留学:博士候補生になるための関門 Candidacy

    アメリカでPh.D.を取るために誰もが通る関門、それがQualifying Examや、Candidacyと呼ばれる試験です。これらの試験に受からなければ、学生はPh.D.課程に残ることは出来ず、修士取得退学などをすることになります。今回は…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 論説フォーラム「グローバル社会をリードする化学者になろう!!」
  2. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  3. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  4. セルロースナノファイバーの真価
  5. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  6. 特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学
  7. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartIII+薬学会も!

注目情報

最新記事

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

化学実験系YouTuber

一度見始めると、仕事に手がつかなかくなるYouTubeですが、教育的に有意義な動画もたくさん投稿され…

第57回―「アニオン認識の超分子化学」Phil Gale教授

第57回の海外化学者インタビューは、フィリップ・ゲール教授です。英国サウサンプトン大学化学部に在籍(…

PAGE TOP