[スポンサーリンク]


2017年 10月 23日

  1. シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

    β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で錯形成を行うことができ、Cp配位子と金属のスクリーニングが容易になると期待される。 β–炭素脱離反応を用いる錯形成?シクロペンタジエ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インドール一覧
  2. かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  5. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益
  6. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレンジアミン:N,N,N’,N’-Tetramethylethylenediamine
  7. 不斉配位子

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP