[スポンサーリンク]


2019年 8月 08日

  1. アンモニアを室温以下で分解できる触媒について

    Tshozoです。そもそも筆者が窒素化合物に興味を持ったのは有機化学美術館の記事を読んだのが発端(現在アクセスできませんが・・・)なので、筆者が窒素系の記事をよく書くのは同サイト主筆の佐藤健太郎さんから極めて大きな影響を受けたためということ…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Accufluor(NFPI-OTf)
  2. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  3. アレーン類の直接的クロスカップリング
  4. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  5. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  6. SelectfluorR
  7. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP