[スポンサーリンク]

ケムステニュース

数々の日本企業がIntel 2023 EPIC Supplier Program Awardを受賞

[スポンサーリンク]

 Intel announced the recipients of the 2023 Intel EPIC Supplier Program awards, which recognize suppliers that exemplify Intel’s standard of excellence. Intel is committed to expanding global supply capacity, delivering leadership products and enabling Intel Foundry Services. Suppliers are critical to furthering Intel’s technology roadmap and enhancing supply chain resilience for its customers. These award-winning suppliers exemplify a world-class commitment to continuous improvement and performance excellence. (引用:6月22日インテルニュースルーム)

今年の2月に、半導体製造大手のTSMCが卓越した成果を上げたサプライヤーを表彰したニュースを紹介しましたが、インテルでも同様の賞の発表がありましたので紹介させていただきます。

EPIC (Excellence, Partnership, Inclusion and Continuous Improvement) Supplier Program Awardは、EPIC programに参加しているインテルのサプライヤーの中で、最も優れた業績をあげたサプライヤーに授与されるものです。このEPIC Supplier Program Awardには3つのクラスがあり、それぞれに受賞に値する功績が定義されています。

  1. The OUTSTANDING Award:最優秀賞であるOUTSTANDING Awardは、と、インテルのサプライチェーン全体における絶え間ない改善と最高のパフォーマンスを出したサプライヤーに与えられる賞です。1年間を通じて最上位の期待を上回り、厳しい成績目標をクリアし、評価スコアは95%以上でなければなりません。さらに、改善計画において目指す成果を90%以上達成し、品質管理体制と業務体制の強固さを示すことも求められています。
  2. The DISTINGUISHED Award:この賞は、常にインテルの期待を上回るパフォーマンスを達成したサプライヤーに授与されます。通年のパフォーマンス評価で80%以上のスコアを達成することが必要です。さらに、自社で策定した改善計画に対しても80%以上のスコアを達成し、卓越した品質とビジネス体制を提供することが求められます。
  3. The VALUED Award:この賞は、特定の分野で傑出した貢献がり、インテルのサプライ チェーンとビジネスに大きなプラスの影響えたサプライヤーに授与されます。

では2023 EPIC Supplier Program Awardに選出された日本企業を紹介していきます。

まずOUTSTANDING Awardは、千住金属工業東京エレクトロンが日本企業として受賞しました。千住金属は、ICなどの電子部品と回路基板をつなげる材料であるはんだと、それを溶かして接合するためのリフロー炉を主に製造しています。5月には、日本の電子部品メーカーであるTDKからサプライヤ環境表彰を授与されており、製品の性能や供給性だけでなく環境にも配慮した製造活動を行っているようです。東京エレクトロンは半導体製造装置を製造している企業で、2022 TSMC Excellent Performance Awardも受賞しています。OUTSTANDING Awardに選ばれたのはわずか6社であり、両社のパフォーマンスはインテルのサプライヤーの中でトップレベルだと言えます。

経済産業省の「地域未来牽引企業」に千住金属が選定された際の紹介ビデオ

次にThe DISTINGUISHED Awardは、AGC, JX金属, KOKUSAI ELECTRIC, レーザーテック, ナミックス, 東ソー・クォーツの6社が受賞しました。AGCではガラス基板やCMPスラリーなど様々な半導体に必要な材料を製造しています。JX金属はその名の通り、金属材料を製造しており、スパッタリングのターゲットが半導体向けの材料として有名です。

KOKUSAI ELECTRIは半導体製造装置を製造しており、レーザーテックはマスクやウェハの検査する装置を取り扱っています。ナミックスは、半導体パッケージの封止材や導電性のペーストを製造しています。東ソー・クォーツでは石英ガラスを製造しています。

The VALUED Awardは、Costの面でギガフォトンが、Technologyの面で日立ハイテク、Safetyの面でニコンが受賞しました。ギガフォトンとニコンは半導体製造装置を、日立ハイテクは半導体製造装置と検査装置を取り扱っています。

 

合計で36社と多数が受賞しているように見えますが、世界中で数千社を数えるインテルのサプライヤーがいる中で、この EPIC programへの参加資格を有する企業は数百社のみであり、さらにこれらの賞を受賞したことは、大変優れたパフォーマンスを発揮していることは間違いありません。そしてそこに多くの日本企業が表彰されていることから、日本企業が材料や装置の開発・製造で半導体産業に大きく貢献していることが分かりました。2023 EPIC Supplier Program Awardには、半導体の製造に関わるサプライヤーだけでなくインテルに関わる様々な業種の企業が受賞しており、例えばOUTSTANDING Awardには、セキュリティサービスを提供するSecuritas Security Services USAが選出されています。また、TSMCやSamsung Semiconductorもサプライヤーとして入賞している点も興味深いです。

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  2. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  3. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  4. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  5. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート
  6. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺…
  7. 既存の石油設備を活用してCO2フリー水素を製造、ENEOSが実証…
  8. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2つのアシロイン縮合
  2. 液体中で高機能触媒として働くペロブスカイト酸化物の開発
  3. 吉見 泰治 Yasuharu YOSHIMI
  4. 動画:知られざる元素の驚きの性質
  5. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  6. ポンコツ博士の海外奮闘録② 〜博士,鉄パイプを切断す〜
  7. 光照射による有機酸/塩基の発生法:①光酸発生剤について
  8. 今度こそ目指せ!フェロモンでリア充生活
  9. 社会に出てから大切さに気付いた教授の言葉
  10. Undruggable Target と PROTAC

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP