[スポンサーリンク]


Wittig

  1. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction

    概要正の形式電荷を持つヘテロ原子により隣接位のアニオンが安定化された化学種を、一般にイリド(ylide)と呼ぶ。リンイリド(phosphorous ylide)を用いてカルボニル化合物からアルケンを合成する反応をWittig反応…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  2. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  3. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授
  4. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  5. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行
  6. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  7. シュタウディンガー ケテン環化付加 Staudinger Ketene Cycloaddition

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

PAGE TOP