[スポンサーリンク]

archives

有機合成化学協会誌2020年12月号:2H-アジリン・配糖体天然物・リガンド-タンパク質間結合・キラルホスフィンオキシド・トリペプチド触媒・連続フロー水素移動反応

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年12月号がオンライン公開されました。

もう12月ということに驚いています。今年は歴史に刻まれるであろうとても大変な年でしたね。

有機合成化学協会誌は今月号も充実の内容です。

キーワードは、2Hアジリン・配糖体天然物・リガンドタンパク質間結合・キラルホスフィンオキシド・トリペプチド触媒・連続フロー水素移動反応です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:新しい時代の研究スタイルとは

今月号は、東京工業大学理学院化学系 江口 正 教授による巻頭言です。

コロナ禍でどう研究室を運営していくか、研究を進めるかということは今現在の筆者の最大の悩み事です。江口先生の巻頭言にもあるように、研究者同士でいろんなアイデアが出せ合えたらと思います。オープンアクセスです。

古くて新しい2Hアジリンの化学 -選択的合成および変換反応

岡本和紘*、江口 輝、大江浩一*

京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻

H-アジリン。それは、高度に歪んだシクロプロペン骨格と分極した炭素―窒素二重結合をあわせ持つ高反応性化学種である。本総説では、2H-アジリンの合成法と、2H-アジリンを反応剤として用いるクラシカルな反応から、最新の金属触媒や光触媒を用いた反応まで詳細にまとめられている。

触媒制御型位置選択的アシル化法の開発と新規逆合成解析に基づく配糖体天然物の全合成への展開

上田善弘、川端猛夫*

京都大学化学研究所

糖類は多くの遊離水酸基を持ち、その位置選択的アシル化は通常困難である。本稿では、触媒の高度な分子認識能に基づく位置選択性の制御について述べる。本法は、グルコースへの保護基を用いない配糖体天然物の短段階全合成に適用できる。

リガンドタンパク質間結合におけるN+-C-H···O 水素結合とそのドラッグデザインへの応用

伊藤幸裕、黒原 崇、鈴木孝禎*

大阪大学産業科学研究所

「C-H···O水素結合は弱い!」と思われていますが、アンモニウムカチオンに結合したC-H基は、強いC-H···O水素結合(N+-C-H···O水素結合)を形成することができます。本稿では、N+-C-H···O水素結合を創薬化学の視点から解析し、ドラッグデザインへと応用した研究成果を紹介しています。是非ご一読ください。

キラルなホスフィンオキシドを触媒とする2つのカルボニル化合物間の不斉アルドール反応

小谷 俊介*、中島 誠*

熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)

ホスフィンオキシドと塩化ケイ素化合物から成る高配位ケイ素複合体を鍵とする不斉交差アルドール反応の開発と多不斉中心を有する光学活性化合物の合成方法開発への展開に関する総合論文です。筆者らが開発に成功してきた一連の研究成果を経緯とともに解りやすく説明してある。

トリペプチド触媒による活性化ケトン類の直接的不斉アルドール反応

今 利真、小針 良仁*、村田美樹

北見工業大学工学部応用化学系

ペプチド触媒による高エナンチオ選択的アルドール反応の実現に向けた、小針先生らの最近の取り組みが丁寧にまとめられています。

連続フロー水素移動反応を鍵としたセラミド連続製造への取り組み

桑名雅宏*、峠 太一郎、駒月康浩、齊藤隆夫

高砂香料工業株式会社

優れた合成プロセスは、反応の効率だけではない。不斉水素移動反応を鍵工程とする光学活性セラミドのフロー連続生産を実現するために、各反応の検討のみならず、試薬の加え方や精製方法などプロセスの細部までブラッシュアップしていく企業研究の醍醐味が詰まった総合論文です。

Review de Debut

今月号のRebut de Debutは1件です。オープンアクセスなのでぜひ。

ラダラン関連分子とその応用 (東京大学大学院工学系研究科)堂本悠也

ケミカルズ覚え書き:リチウムアミド

少々久しぶりとなるケミカルズ覚え書きの記事です。商品として流通している工業的、実験室的に興味のある化学物質に関する技術情報をまとめた記事です。化学を始めたばかりの人、どっぷり浸かってる人の両方に有用です。

ロックウッドリチウムジャパン株式会社の岡野一哉さんによる記事です。

感動の瞬間:機能を持つ天然物の合成研究はおもしろい

今月号の感動の瞬間は、関西学院大学理工学部の勝村 成雄 教授による寄稿記事です。

「他人の真似でなく自分達の手作りの研究には必ずや感動の瞬間が訪れる」という言葉に非常に勇気づけられました。必見です。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glyco…
  2. 分析化学科
  3. 田辺シリル剤
  4. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  5. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  6. CEMS Topical Meeting Online 機能性材…
  7. PdCl2(dppf)
  8. n型半導体特性を示すペリレン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  2. 巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる
  3. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  4. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
  5. 化学に触れる学びのトレイン“愛称”募集
  6. NMR in Organometallic Chemistry
  7. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  8. セミナーチャンネルを開設
  9. 今年の光学活性化合物シンポジウム
  10. ビール好きならこの論文を読もう!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP