[スポンサーリンク]


2007年 6月 21日

  1. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応

    先日、Ohyun Kwon, Ph.D. (Department of Chemistry and Biochemistry University of California, Los Angeles)の講演を聞きました。お題は"P…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  2. ERATO 野崎 樹脂分解触媒:特任研究員募集のお知らせ
  3. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  4. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  5. 元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」
  6. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  7. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

PAGE TOP