[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

 

ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である(写真:Boston Blog)。

経歴

1981 モスクワ州立大学 学士号取得
1984 モスクワ州立大学 修士号取得
1984-1985 Institute of Mining and Raw Materials, Moscow
1986-1990 モスクワ地質研究所 研究員
1993-1995 Brookhaven国立研究所 客員研究員
1996 ワイツマン科学研究所 博士号取得
1996-1998 ハーバード大学 博士研究員 (G.M.Whitesides教授)
1998-2007 ベル研究所 研究員
2007-現在 Harvard School of Engineering and Applied Science

 

受賞歴

2008 ACS Ronald Breslow Award for the Achievement in Biomimetic Chemistry
2007 Industrial Innovation Award, American Chemical Society
2006 Outstanding Women Scientists Award, Indiana University
2005 Lucent Chairman’s Award
2005 Pedersen Award Lecture, DuPont
2004 ACS PROGRESS Lectureship Award, University of Wisconsin at Madison
2003 Distinguished Women Scientists Lectureship, University of Texas at Austin
2001 New Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1999 ACS Arthur K. Doolittle Award
1997 Weizmann Institute Award for Academic Excellence
1995 Young Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1995 Award of the Max-Planck Society in the field of Biology and Materials Science, Germany

 

研究概要

生体模倣材料

バイオミネラリゼーション

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  2. 中村 修二 Shuji Nakamura
  3. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  4. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  5. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  6. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  7. ベンジャミン・フランクリンメダル―受賞化学者一覧
  8. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction
  2. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  3. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion
  4. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  5. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授
  6. 170年前のワインの味を化学する
  7. 2010年10大化学ニュース
  8. 安全なジアゾメタン原料
  9. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  10. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP