[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

[スポンサーリンク]

 

ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である(写真:Boston Blog)。

経歴

1981 モスクワ州立大学 学士号取得
1984 モスクワ州立大学 修士号取得
1984-1985 Institute of Mining and Raw Materials, Moscow
1986-1990 モスクワ地質研究所 研究員
1993-1995 Brookhaven国立研究所 客員研究員
1996 ワイツマン科学研究所 博士号取得
1996-1998 ハーバード大学 博士研究員 (G.M.Whitesides教授)
1998-2007 ベル研究所 研究員
2007-現在 Harvard School of Engineering and Applied Science

 

受賞歴

2008 ACS Ronald Breslow Award for the Achievement in Biomimetic Chemistry
2007 Industrial Innovation Award, American Chemical Society
2006 Outstanding Women Scientists Award, Indiana University
2005 Lucent Chairman’s Award
2005 Pedersen Award Lecture, DuPont
2004 ACS PROGRESS Lectureship Award, University of Wisconsin at Madison
2003 Distinguished Women Scientists Lectureship, University of Texas at Austin
2001 New Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1999 ACS Arthur K. Doolittle Award
1997 Weizmann Institute Award for Academic Excellence
1995 Young Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1995 Award of the Max-Planck Society in the field of Biology and Materials Science, Germany

 

研究概要

生体模倣材料

バイオミネラリゼーション

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  2. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  3. 新海征治 Seiji Shinkai
  4. 佐治木 弘尚 Hironao Sajiki
  5. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  6. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  7. 長谷川 靖哉 Yasuchika Hasegawa
  8. マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 香料:香りの化学3
  2. 塩化ラジウム223
  3. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入
  4. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  5. 最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜
  6. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  7. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授
  8. 人工プレゼン動画をつくってみた
  9. Nsアミン誘導体
  10. 多種多様な酸化リン脂質を網羅的に捉える解析・可視化技術を開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP