[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

 

ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である(写真:Boston Blog)。

経歴

1981 モスクワ州立大学 学士号取得
1984 モスクワ州立大学 修士号取得
1984-1985 Institute of Mining and Raw Materials, Moscow
1986-1990 モスクワ地質研究所 研究員
1993-1995 Brookhaven国立研究所 客員研究員
1996 ワイツマン科学研究所 博士号取得
1996-1998 ハーバード大学 博士研究員 (G.M.Whitesides教授)
1998-2007 ベル研究所 研究員
2007-現在 Harvard School of Engineering and Applied Science

 

受賞歴

2008 ACS Ronald Breslow Award for the Achievement in Biomimetic Chemistry
2007 Industrial Innovation Award, American Chemical Society
2006 Outstanding Women Scientists Award, Indiana University
2005 Lucent Chairman’s Award
2005 Pedersen Award Lecture, DuPont
2004 ACS PROGRESS Lectureship Award, University of Wisconsin at Madison
2003 Distinguished Women Scientists Lectureship, University of Texas at Austin
2001 New Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1999 ACS Arthur K. Doolittle Award
1997 Weizmann Institute Award for Academic Excellence
1995 Young Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1995 Award of the Max-Planck Society in the field of Biology and Materials Science, Germany

 

研究概要

生体模倣材料

バイオミネラリゼーション

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  2. トビン・マークス Tobin J. Marks
  3. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  4. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  5. Wen-Jing Xiao
  6. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  7. 浜地 格 Itaru Hamachi
  8. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フロー法で医薬品を精密合成
  2. 育て!燃料電池を担う子供たち
  3. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]
  4. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  5. 元素のふしぎ展に行ってきました
  6. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate)
  7. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  8. ゲオスミン(geosmin)
  9. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  10. 化学と工業

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

PAGE TOP