[スポンサーリンク]

ナノ化学

ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg

 

ジョアンナ・アイゼンバーグ(Joanna Aizenberg、19xx年x月xx日-)は、アメリカの材料化学者である(写真:Boston Blog)。

経歴

1981 モスクワ州立大学 学士号取得
1984 モスクワ州立大学 修士号取得
1984-1985 Institute of Mining and Raw Materials, Moscow
1986-1990 モスクワ地質研究所 研究員
1993-1995 Brookhaven国立研究所 客員研究員
1996 ワイツマン科学研究所 博士号取得
1996-1998 ハーバード大学 博士研究員 (G.M.Whitesides教授)
1998-2007 ベル研究所 研究員
2007-現在 Harvard School of Engineering and Applied Science

 

受賞歴

2008 ACS Ronald Breslow Award for the Achievement in Biomimetic Chemistry
2007 Industrial Innovation Award, American Chemical Society
2006 Outstanding Women Scientists Award, Indiana University
2005 Lucent Chairman’s Award
2005 Pedersen Award Lecture, DuPont
2004 ACS PROGRESS Lectureship Award, University of Wisconsin at Madison
2003 Distinguished Women Scientists Lectureship, University of Texas at Austin
2001 New Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1999 ACS Arthur K. Doolittle Award
1997 Weizmann Institute Award for Academic Excellence
1995 Young Investigator Award in Chemistry and Biology of Mineralized Tissues
1995 Award of the Max-Planck Society in the field of Biology and Materials Science, Germany

 

研究概要

生体模倣材料

バイオミネラリゼーション

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 玉尾皓平 Kohei Tamao
  2. マーティン・カープラス Martin Karplus
  3. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  4. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubr…
  5. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  6. フリッツ・フェクトレ Fritz Vögtle
  7. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2017年版】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  2. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  3. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  4. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  5. 混合原子価による芳香族性
  6. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  7. これならわかるNMR/二次元NMR
  8. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法
  9. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  10. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任

日本化学会は5月23日に川合眞紀氏(自然科学研究機構分子科学研究所)が新会長に就任したことを発表した…

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP