[スポンサーリンク]

archives

大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】

[スポンサーリンク]

講師        : エナックス(株) 海外営業部 部長  博士(工学) 小澤 浩典 氏
日時        : 2010年12月3日(金) 13:30~16:30
会場        : 東京・港区芝公園 機械振興会館 B2 B2-1室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 39,900円
⇒E-mail案内登録会員 37,900円
  ※資料付
  ※昼食は付いておりません
  ※学生・教員価格対象外
上記価格より:<2名で参加の場合1名につき7,350円割引>
         <3名で参加の場合1名につ き10,500円割引>(同一法人に限ります)
※このセミナーのお支払い方法は銀行振込のみになります
主催:(株)メガセミナー・サービス

申し込みはこちらをクリック!
講演内容  :1.大型 リチウムイオン電池の特性と開発動向
    ~押さえておきたい原理・構造等基礎知識とは~
 (1)大型 リチウムイオン電池の原理・構造と特徴
   1)現在流通 及び開発中の二次電池の特徴
     ~鉛蓄電池、ニッケル-カドミウム電池、ニッケル-水素電池、NAS電池~
   2)大型 リチウムイオン電池の原理とメカニズム
   3)大型 リチウムイオン電池の特徴
     ~エネルギー密度、出力密度、平均稼働電圧、充放電サイクル、自己放電、他~
 (2)大型 リチウムイオン電池の種類と特徴
   1)エネルギー系 リチウムイオン電池
   2)パワー系 リチウムイオン電池
 (3)大型 リチウムイオン電池の開発動向
   1)大型 リチウムイオン電池に求められる性能
     ~高エネルギー密度、高入出力密度、長寿命、高温・低温特性、
      軽量・コンパクト(セル・モジュール)、安全性、コスト、環境負荷特性~
   2)最近の開発動向
 (4)大型 リチウムイオン電池のアプリケーションの開発動向
   1)電気自動車 関連
     ~EV、HEV、PHEV~
   2)電力貯蔵システム
   3)その他(電気自転車、電気スクーター、電動工具、等)
2.大型リチウムイオン電池の設計・製造法
    ~設計・製造の具体的手順とノウハウについて~
 (1)大型リチウム電池の設計法
  ~高性能化(安全、長寿命、高エネルギー、密度)を実現する設計のポイントとは~
   1)大型 リチウムイオン電池 設計・製造の留意点
     ・電池容量と安全性について
     ・エネルギー密度とパワー特性について
     ・電池容量とハイレート放電 特性について
     ・電池容量と入出力密度について
     ・セル構造と放熱性について
   2)大型 リチウムイオン電池の設計 法
     ・大型 リチウムイオン電池 設計の手順
     ・大型 リチウムイオン電池における電極 設計のポイント
      ~構成材料の特徴と選定(正極材料、負極材料、電解液、セパレータ)
       ・セル構造と材料の最適化について~
     ・大型 リチウムイオン電池の安全設計のポイント
      ~試験方法、高容量化と安全性の両立、バッテリーパック、
       BMS(バッテリマネジメントシステム)~
 (2)大型 リチウムイオン電池の製造 法
    ~小型に比べて格段に難しいとされる製造ノウハウとは!?~
   1)大型 リチウムイオン電池の構造と製造システム
     ・缶タイプとラミネートタイプの比較
     ・小型 リチウムイオン電池 製造との違い
   2)大型 リチウムイオン電池 製造の手順とそのポイント
     ・電極 製造プロセス
      ~粉混合、スラリー混合、塗布、プレス、スリット~
     ・組立て 製造プロセス
      ~電極組立、電解液注入、密封、充電/放電、モジュール化、パック~
 3.各国のリチウムイオン電池市場動向と展望
     ~アメリカ、ドイツ、中国、韓国、台湾、他~
 (1)各国 リチウムイオン電池 政策
 (2)主要 リチウムイオン電池メーカーの動向
    ~A123(アメリカ)、リーテック(ドイツ)、BYD(中国)、サムスン電子(韓国)、他~
申し込みはこちらをクリック!
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ショウガに含まれる辛味成分
  2. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline…
  3. 研究者へのインタビュー
  4. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  5. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  6. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  7. CEMS Topical Meeting Online 機能性材…
  8. リチウムイオン電池正極材料の開発動向

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. で、その研究はなんの役に立つの?
  2. 日本化学会と日本化学工業協会に新会長就任
  3. ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成
  4. もし新元素に命名することになったら
  5. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  6. 第8回XAFS討論会
  7. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  8. キャピラリー電気泳動の基礎知識
  9. 書物から学ぶ有機化学 3
  10. 発想の逆転で糖鎖合成

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP