[スポンサーリンク]


2008年 4月 18日

  1. レーン 超分子化学

    内容過去25年にわたって進展を遂げてきた超分子化学について、特定の例に裏づけされた体系的な考え方のもとに、その概念や発展の方向を述べる。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  2. 不正の告発??
  3. 実験・数理・機械学習の融合による触媒理論の開拓
  4. ホウ素-ジカルボニル錯体
  5. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  6. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration
  7. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応

注目情報

最新記事

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

PAGE TOP