[スポンサーリンク]


2010年 8月 05日

  1. パール・クノール チオフェン合成 Paal-Knorr Thiophene Synthesis

    概要1,4-ジカルボニル化合物に硫黄導入剤を作用させるとチオフェンが得られる。試薬としては五硫化二リン(P4S10)、Lawesson試薬などが用いられる。 (さらに…)…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆186億円。
  2. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  3. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  4. 活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜
  5. アメリカ大学院留学:研究者キャリアとライフイベント
  6. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  7. 就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

PAGE TOP