[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin

[スポンサーリンク]

イヴ・ショーヴァン(Yves Chauvin、1930年10月10日 -2015年1月28日)は、フランスの化学者である。フランス石油研究所名誉研究部長(画像:RTL)。
「オレフィンメタセシス反応の開発への貢献」により、2005年ノーベル化学賞リチャード・シュロックおよびロバート・グラブスと共同受賞。

経歴

1954 Lyon’s School of Chemistry 学位取得
1960 フランス石油研究所研究員

 

受賞歴

2005 ノーベル化学賞

 

研究概要

オレフィンメタセシス反応における触媒機構の提唱

メタセシス反応に関する理解がほとんど進んでいなかった1970年当初に、メタルアルキリデン錯体を活性種がオレフィンとのメタラシクロブタン形成を経由して進行する触媒機構(Chauvin Mechanism)を提唱。この示唆は後のSchrock・Grubbs触媒をはじめとしたオレフィンメタセシス触媒設計に大きな影響を与えた。この業績によって彼は2005年のノーベル化学賞を受賞している。

chauvin_mec.gif

コメント&その他

 

名言集

 

関連動画

関連文献

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  2. 橘 熊野 Yuya Tachibana
  3. キャサリン・M・クラッデン Cathleen M. Crudde…
  4. 北原武 Takeshi Kitahara
  5. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  6. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozz…
  7. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  8. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフェニルサルファー : Bis[alpha,alpha-bis(trifluoromethyl)benzenemethanolato]diphenylsulfur
  2. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  3. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. 村井 眞二 Shinji Murai
  6. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  7. プロドラッグの活性化をジグリシンが助ける
  8. ESIPTを2回起こすESDPT分子
  9. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  10. (+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-3a,8a-ジヒドロ-8H-インデノ[1,2-d]オキサゾール] : (+)-2,2′-Methylenebis[(3aR,8aS)-3a,8a-dihydro-8H-indeno[1,2-d]oxazole]

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP