[スポンサーリンク]

archives

NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

D3983.gif


?ChiらはNHC (Bode触媒2) を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンの選択的合成を報告しています。NHCを用いる既知の方法では,α,β-不飽和アルデヒドとNHCの反応で生成するホモエノラート中間体とカルコンの環化反応が進行し五員環生成物を与えます。一方,本報告では酸共触媒として酢酸を加えることで,ホモエノラート中間体のプロトン化により求電子性が低いエノール中間体が生成し,このエノール中間体とカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンを高エナンチオ選択的に得ています。

Z. Fu, H. Sun, S. Chen, B. Tiwari, G. Li, Y. R. Chi, Chem. Commun. 2013, 49, 261.

関連記事

  1. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  2. (R,R)-DIPAMP
  3. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  4. スケールアップ検討法・反応・晶析と実験のスピードアップ化【終了】…
  5. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【…
  6. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  7. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  8. はてブ週間ランキング第一位を獲得

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モッシャー法 Mosher Method
  2. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  4. Glenn Gould と錠剤群
  5. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  6. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  7. 軸不斉のRとS
  8. 富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に
  9. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与
  10. ヒドラジン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP