[スポンサーリンク]

archives

NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

D3983.gif


?ChiらはNHC (Bode触媒2) を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンの選択的合成を報告しています。NHCを用いる既知の方法では,α,β-不飽和アルデヒドとNHCの反応で生成するホモエノラート中間体とカルコンの環化反応が進行し五員環生成物を与えます。一方,本報告では酸共触媒として酢酸を加えることで,ホモエノラート中間体のプロトン化により求電子性が低いエノール中間体が生成し,このエノール中間体とカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンを高エナンチオ選択的に得ています。

Z. Fu, H. Sun, S. Chen, B. Tiwari, G. Li, Y. R. Chi, Chem. Commun. 2013, 49, 261.

関連記事

  1. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  2. 芳香環シラノール
  3. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  4. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  5. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  6. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  7. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  8. MNBA脱水縮合剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素原子のまわりにベンゼン環をはためかせる
  2. ウォルター・コーン Walter Kohn
  3. カルボプラチン /carboplatin
  4. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  5. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る
  6. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  7. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  8. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  9. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応
  10. 【書籍】パラグラフ・ライティングを基礎から訓練!『論理が伝わる 世界標準の「書く技術」』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP