[スポンサーリンク]

archives

NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

[スポンサーリンク]

D3983.gif


?ChiらはNHC (Bode触媒2) を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンの選択的合成を報告しています。NHCを用いる既知の方法では,α,β-不飽和アルデヒドとNHCの反応で生成するホモエノラート中間体とカルコンの環化反応が進行し五員環生成物を与えます。一方,本報告では酸共触媒として酢酸を加えることで,ホモエノラート中間体のプロトン化により求電子性が低いエノール中間体が生成し,このエノール中間体とカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンを高エナンチオ選択的に得ています。

Z. Fu, H. Sun, S. Chen, B. Tiwari, G. Li, Y. R. Chi, Chem. Commun. 2013, 49, 261.

関連記事

  1. モリブデン触媒
  2. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  3. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  4. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  5. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  6. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  7. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  8. ペンタフルオロスルファニル化合物

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 神秘的な海の魅力的アルカロイド
  2. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  3. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  4. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  5. 二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin
  6. ヨードホルム (iodoform)
  7. 2008年10大化学ニュース
  8. Hybrid Materials 2013に参加してきました!
  9. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  10. バーゼル Basel:製薬・農薬・化学が集まる街

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した旭化…

マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

第223回のスポットライトリサーチは、沼澤 博道さんにお願い致しました(トップ画像は論文から出典)。…

米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ

米センサー・システムのフリアーシステムズは、化学兵器として使用されるマスタードガスなどを検出するスプ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP