[スポンサーリンク]

archives

NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

D3983.gif


?ChiらはNHC (Bode触媒2) を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンの選択的合成を報告しています。NHCを用いる既知の方法では,α,β-不飽和アルデヒドとNHCの反応で生成するホモエノラート中間体とカルコンの環化反応が進行し五員環生成物を与えます。一方,本報告では酸共触媒として酢酸を加えることで,ホモエノラート中間体のプロトン化により求電子性が低いエノール中間体が生成し,このエノール中間体とカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンを高エナンチオ選択的に得ています。

Z. Fu, H. Sun, S. Chen, B. Tiwari, G. Li, Y. R. Chi, Chem. Commun. 2013, 49, 261.

関連記事

  1. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  2. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  3. トルキセン : Truxene
  4. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  5. ニュースタッフ
  6. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  7. TFEDMA
  8. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  2. ウーリンス試薬 Woollins’ Reagent
  3. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  4. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  5. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  6. ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi
  7. (+)-フォーセチミンの全合成
  8. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018
  9. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  10. ちょっとキレイにサンプル撮影

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP