[スポンサーリンク]

archives

NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応

D3983.gif


?ChiらはNHC (Bode触媒2) を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンの選択的合成を報告しています。NHCを用いる既知の方法では,α,β-不飽和アルデヒドとNHCの反応で生成するホモエノラート中間体とカルコンの環化反応が進行し五員環生成物を与えます。一方,本報告では酸共触媒として酢酸を加えることで,ホモエノラート中間体のプロトン化により求電子性が低いエノール中間体が生成し,このエノール中間体とカルコンの[4+2]環化反応によりラクトンを高エナンチオ選択的に得ています。

Z. Fu, H. Sun, S. Chen, B. Tiwari, G. Li, Y. R. Chi, Chem. Commun. 2013, 49, 261.

関連記事

  1. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  3. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  4. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  5. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  6. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  7. ヘキサメチレンテトラミン
  8. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換
  2. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  3. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  4. 2011年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  5. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  6. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】
  7. 【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用
  8. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その1
  9. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation
  10. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP