[スポンサーリンク]


2010年 8月 08日

  1. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model

    概要α位に不斉中心を持つようなカルボニル化合物への求核付加では、立体選択性が発現する。これをよく説明するモデルとして受け入れられているのがFelkin-Anhモデルである。それ以前に受け入れられていたCram則と…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 非古典的カルボカチオンを手懐ける
  2. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  3. 2016年9月の注目化学書籍
  4. 飯島澄男 Sumio Iijima
  5. フィリピン海溝
  6. インタラクティブ物質科学・カデットプログラム第一回国際シンポジウム
  7. フィッシャー オキサゾール合成 Fischer Oxazole Synthesis

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

PAGE TOP