[スポンサーリンク]


2010年 8月 08日

  1. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model

    概要α位に不斉中心を持つようなカルボニル化合物への求核付加では、立体選択性が発現する。これをよく説明するモデルとして受け入れられているのがFelkin-Anhモデルである。それ以前に受け入れられていたCram則と…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 茨城の女子高生が快挙!
  2. スーパーブレンステッド酸
  3. 音声読み上げソフトで書類チェック
  4. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  5. 大学生向け”オイシイ”情報の集め方
  6. 合同資源産業:ヨウ素化合物を作る新工場完成--長生村の千葉事業所 /千葉
  7. 澤本 光男 Mitsuo Sawamoto

注目情報

最新記事

【速報】HGS 分子構造模型「 立体化学 学生用セット」販売再開!

いまから約7年前の2015年10月。分子を愛する学生・研究者に悲報が届けられた。…

次世代型合金触媒の電解水素化メカニズムを解明!アルキンからアルケンへの選択的水素化法

第383回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院 理工学府 修士2年(研究当時)の野上 周嗣…

LG化学より発表されたプラスチックに関する研究成果

LG Chem develops advanced plastic materials …

経験の浅い医療系技術者でも希望にかなう転職を実現。 専門性の高い職種にこそ求められる「ビジョンマッチング」

「人財躍動化」をビジョンに掲げるAdecco Group Japanの人財紹介事業ブランドSprin…

創薬における中分子

ここ10年の間で、低分子・高分子の間の化合物の分類として 中分子 という言葉が台頭し…

PAGE TOP