[スポンサーリンク]

ケムステニュース

春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章

[スポンサーリンク]

政府は2010年春の褒章受章者を28日付で発表しました。受章者は677人と20団体。その中でも芸術や学問で功績を残した人に贈られるのは紫綬褒章。ところで、紫綬褒章ってMedal with Purple Ribbonっていうことを知っていましたか?

さて、話を元に戻すと、昨年秋の褒章では4人の化学者が受賞しました(記事「秋の褒章2009 -化学-」参照)。今年の春の褒章では、京都大学教授の林民生教授が選ばれました。おめでとうございます!林教授は有機化学、特に遷移金属を利用した有機金属化学またそれを用いた反応化学分野で大きな功績を残されたというのが受賞の理由です。簡単に業績を振り返りたいと思います。

遷移金属用いた不斉触媒反応のパイオニア

今から35年前、1975年に林教授は有機ケイ素化学における開祖の一人であり、熊田-玉尾-Corriuクロスカップリング反応といった人名反応でも知られる熊田誠京大教授の元で博士を取得しました。その後、熊田研究室、その後を次いだ伊藤嘉彦教授の下で助手、助教授と過ごし、北海道大学の触媒研究センターで教授、1994年に京都大学へ転任され今に至っています。

ちょっとここからはマニアックで化学を専攻する学制以上はわからないかもしれません。

4年生に配属後のはじめのテーマは不斉ヒドロシリル化反応。当時熊田研究室の助手であった山本経二(東工大名誉教授)とともに行ったテーマでした。当時はエナンチオ選択性を確認する為に、旋光度計をもちいていました。それが今と違って、光学活性な化合物を入れると実際にゴロンとまわるのです。事実、世界ではじめての触媒的不斉ヒドロシリル化を達成した際にもゴロリとまわって驚き、喜んだそうです。

実はこの反応5%eeでしたが、それがライフワークになり遷移金属を用いた触媒的な不斉反応に一貫して取り組みはじめました。遷移金属を用いる場合、配位子がとても重要で、林先生もオリジナルで有効な不斉配位子を数多く生み出しています。研究初期から中期にかけては代表作はフェロセン骨格に有する不斉配位子、後期では単座のホスフィン配位子やジエン型の配位子を用いて(それ以外にも多数有りますが)数々の触媒的不斉反応を達成しました。

 

代表とする不斉触媒反応

[1]パラジウムおよびニッケル触媒を用いた不斉クロスカップリング
[2]金触媒を用いたイソシアノアセテートの不斉アルドール型反応
[3]ロジウム触媒を用いた有機ホウ素化合物の不斉1,4-付加
[4]ロジウム触媒を用いるイミンへの不斉アリール化反応
[5]パラジウム触媒を用いた不斉ヒドロシリル化
[6]パラジウムを用いた触媒的ワッカー型反応

などなど。

関連する反応に、いくつか最近の文献を含んであげておきますので、ぜひご一読ください。

ところで、昨年、京都大学工学部では大嶌幸一郎、檜山爲次郎両先生が退官されました。今年は理学部である林教授も定年退官の年だと思われます。近年の京大の化学といえば、有機金属化学でしたが、それらを率いていた教授陣がいなくなるということは新しい風が必要であることは間違い有りません。

とにかく、受賞おめでとうございます!

 

参考文献

[1] Hayashi, T.; Konishi, M.; Fukushima, M.; Mise, T.; Kagotani, M.; Tajika, M.; Kumada, M. J. Am. Chem. Soc. 1982, 104, 180. DOI: 10.1021/ja00365a033

[2] Ito, Y.; Sawamura, M.; Hayashi, T. J. Am. Chem. Soc. 1986, 108, 6405. DOI: 10.1021/ja00280a056
[3] (a) Takaya, Y.; Ogasawara, M.; Hayashi, T.; Sakai, M.; Miyaura, N. J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 5579. DOI: 10.1021/ja980666h  (b) Shintani, R.; Takeda, M.; Nishimura, T.; Hayashi, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2010, ASAP DOI: 10.1002/anie.201000467
[4] Hayashi, T.; Ishigedani, M. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 976. DOI: 10.1021/ja9927220
[5] Hayashi, T. Acc. Chem. Res. 2000, 33, 354. DOI; 10.1021/ar990080f
[6] Uozumi, Y.; Kato, K.; Hayashi, T. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 5063. DOI: 10.1021/ja9701366

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2010-化学
  2. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  3. 一家に1枚周期表を 理科離れ防止狙い文科省
  4. 分析化学の約50年来の難問を解決、実用的な微量分析法を実現
  5. ChemDrawからSciFinderを直接検索!?
  6. アミンの新合成法2
  7. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…
  8. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素手帳 2018
  2. XPhos
  3. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  4. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  5. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明
  6. 特殊ペプチド Specialty Peptide
  7. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  8. 2018年ケムステ人気記事ランキング
  9. インドール一覧
  10. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第8回慶應有機化学若手シンポジウム

ご案内有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学…

第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien Perrier教授

第141回の海外化学者インタビューはセバスチャン・ペリエ教授です。シドニー大学化学科(訳注:現在はワ…

合格体験記:知的財産管理技能検定~berg編~

私(berg)が2019(令和元)年11月17日(日)に受験した3級(第34回)の記録です。現状とは…

ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

hodaです。機械学習に興味があります。突然ですが読者の皆さんは第13回ケムステVシンポジウム「…

研究助成金及び海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

2021年度が始まりました。悪い予想通り、コロナの影響は続き今年も自由に動けませんね。そんななかでも…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

2021/3/31に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。(↓kindle版…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP