[スポンサーリンク]


2011年 12月 15日

  1. ストリゴラクトン : strigolactone

    ストリゴラクトン(strigolactone, SL)は植物の産生する一群のカロテノイド誘導体である。1960年代に根寄生植物種子の発芽刺激物質として単離された。その後、2000年代に入り菌根菌の宿主認識応答である…

  2. アメリカ化学留学 ”大まかな流れ 編”

    アメリカ留学シリーズです。まずアメリカのPh.D.コースというのは日本の…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 企業の研究開発のつらさ
  2. 未踏の構造に魅せられて―ゲルセモキソニンの全合成
  3. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  4. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  5. ケムステイブニングミキサー2015を終えて
  6. ダイハツなど、福島第一原発廃炉に向けハニカム型水素安全触媒を開発 自動車用を応用
  7. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

注目情報

最新記事

第59回「希土類科学の楽しさを広めたい」長谷川靖哉 教授

第59回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者…

始めよう!3Dプリンターを使った実験器具DIY:準備・お手軽プリント編

オリジナルの実験器具を3Dプリンターで作る企画を始めました。第一弾として3Dプリンターの導入と試しに…

第16回日本化学連合シンポジウム「withコロナ時代における化学への期待」

およそ3年間に渡る新型コロナウイルス感染症の蔓延により、経済、文化、研究、社会活動のすべてが大きなダ…

PAGE TOP